最新記事

意外? 家事やガーデニングなどの身体活動でも脳の老化が抑制できる

2019年04月25日(木)16時30分
松岡由希子

低強度の身体活動がとりわけ脳に重要である可能性がある FilippoBacci-iStock

<ボストン大学の研究チームは「低強度のものであっても、身体活動を増やすと、脳構造の維持につながる」との研究論文を発表した>

健康な心身を維持するためには、日常的に身体活動を増やすことが有効だといわれている。ジョギングやウォーキング、トレーニングといった体力の維持・向上を目的とする運動はもとより、掃除や洗濯、庭の草木の手入れ、階段の上り下りなど、日頃何気なく行っている低強度の身体活動でさえも、脳の老化防止に寄与する可能性があるようだ。

1日1万歩以上歩くと、脳の老化が約1.75年分抑制される

米ボストン大学のニコル・スパルターノ博士らの研究チームは、低強度の身体活動と脳容量との関連についての研究成果をまとめ、2019年4月19日、米国医師会(AMA)のオープンアクセスジャーナル「JAMAネットワークオープン」に「低強度のものであっても、身体活動を増やすと、脳構造の維持につながる」との研究論文を発表した。

研究チームは、米国成人2354名を対象に、最低3日間、1日10時間以上加速度計を装着しながら生活してもらい、MRIでそれぞれの脳画像を撮影した。被験者の平均年齢は53歳で、そのうち54.2%が女性であった。

これらのデータをもとに被験者の身体活動と脳容量を分析したところ、1日1万歩以上歩く人の脳容量は、5000歩未満の人よりも0.35%大きかった。ヒトの脳容量は、60歳以降、1年あたり0.2%のペースで減少していくため、脳の老化が約1.75年分、抑制されていることになる。また、低強度の身体活動を1日あたり1時間増やすと脳容量が0.22%大きくなり、脳の老化がおよそ1.1年分抑制された。

「中強度以上の身体活動の重要性を軽視するものではない」

スパルターノ博士は、英紙ガーディアンにおいて「この研究結果は『低強度の身体活動がとりわけ脳に重要である可能性がある』ことを示したにすぎず、健康に年を重ねるうえで、中強度以上の身体活動の重要性を軽視するものではない」と強調し、「積極的な運動は高齢者の長寿やQOL(生活の質)の向上に役立つ」とも説いている。

低強度の身体活動が健康に寄与することは、他の研究機関などでも明らかになっている。米国の2018年版身体活動ガイドライン諮問委員会のレポートによれば、「中強度以上の身体活動をほとんどしない人が低強度の身体活動をすると、死亡リスクを下げ、心血管疾患や2型糖尿病の発生リスクが軽減される」という。

日本でも、厚生労働省が2013年3月に策定した「健康づくりのための身体活動基準2013」において、身体活動を現状よりも10分増やすよう推奨されている。健康づくりのため、まずは、日常生活において低強度の身体活動を少しづつ増やすことから取り組んでみてはいかがだろう。脳の老化防止にも役立つかもしれない。

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!