最新記事

アート

世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器」の持ち主の正体が判明!

2018年10月11日(木)17時10分
西川彩奈(フランス在住ジャーナリスト)

写実的な絵画で有名なギュスターヴ・クールベの「世界の起源」 Public Domain

<オルセー美術館に展示されている、ギュスターブ・クールベ作「世界の起源」。152年間、世界中に衝撃を与えてきた「女性器」を持つモデルの正体が、フランスの歴史学者の偶然の発見でついに......>

19世紀の文豪の手紙から、偶然の歴史的発見

19世紀に写実主義を切り拓いたギュスターブ・クールベが、1866年に制作した代表作「世界の起源」。横たわった女性が脚を開き、性器がクローズアップで描かれた肉感的な油絵は、エロティシズムを包み隠さず表し、従来の裸体表現に革命を起こした。

152年間、この「女性器」の持ち主が誰なのか不明だったが、この度、仏歴史学者クロード・ショプの発見により身元が明らかになった。モデルとされる女性は、当時34歳だったパリ・オペラ座バレエ団の元バレリーナで、高級娼婦のコンスタンス・クニョーだ。今年10月4日にフランスで発売したショプの新刊「L'origine du monde, Vie du modèle(原題)」では、数々の資料をもとにクニョーという女性の姿に迫っている。

【写真記事】VOGUE誌の貴重なアーカイブから辿る20世紀

仏紙「ル・モンド」によると、当時、フランス国立図書館で調べものをしていたショプは「偶然」、この絵の謎に関する重大な証拠を見つけたという。

ショプは、『椿姫』を執筆したことで有名な作家アレクサンドル・デュマ・フィスが、作家ジョルジュ・サンドに宛てた手紙の写しを調べていた。その際、ある不自然な一節に困惑したと言う。

古くなった紙にタイプライターで打たれた文字は、こう書いてあった。

「たとえ繊細で大切な筆を使用しても、パリ・オペラ座のミス・クニョーの『インタビュー』は描けない」

ショプは違和感を持って、写しとこの手紙の原本を照らし合わせて確認したところ、<interview(インタビュー)>は誤って写されたもので、原本には<intérieur(内部)>と書かれていた。つまり、この一節は、絵画に女性器を描くクールベの異端さを、アレクサンドル・デュマ・フィスが批判した内容だったのだ。これにより、クニョーがモデルだと分かった。

さっそくショプは同図書館の記録文書保管人シルビー・オーブナにこの発見を伝えた。オーブナはAFP通信に、「この手紙によって、コンスタンス・クニョーがモデルであることが99%確実となった」と語っている。

【参考記事】拒食症、女性器切断......女性の恐怖・願望が写り込んだ世界

RANKING

  • 1

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 2

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    飲み会中に即実践! 二日酔い対策のツボ押しと居酒屋…

  • 5

    「子供に何も買ってやれない」社会の底辺で生きる人…

  • 1

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 2

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 3

    「子供に何も買ってやれない」社会の底辺で生きる人…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット…

  • 1

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 2

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!