最新記事

性犯罪

良かれと思ったレイプ防止策、逆に女性への攻撃性を高めることに

Misplaced Advice

2018年08月23日(木)17時00分
アリストス・ジョージャウ

一部の男性は男女平等を主張されると、逆に攻撃性を高めるという GMAST3R/ISTOCKPHOTO

<大学の防止プログラムで逆に攻撃的になる男性も>

アメリカの大学では近年、レイプ事件が多発している。そのため今では政府の補助金を受けている大学は、レイプ防止と啓発を目的としたプログラムの実施が法律で定められている。

しかし、こうしたプログラムの効果を確認することを義務付ける法律はなく、評価はほとんど行われていない。

暴力行為に関する学術誌「アグレッション・アンド・バイオレント・ビヘイビア」に発表された新しい研究によれば、大学のレイプ防止プログラムは、逆に問題を悪化させる恐れがある。

この研究でカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のニール・マラムス教授(心理学)らは、性暴力を起こす危険性が高い若者を対象とするプログラムは、女性への攻撃性を高める「敵対的な反応」を生む可能性があると結論付けている。

【参考記事】異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

望む女性と性交渉をする「権利」があると思っている男

マラムスのチームは、このテーマに関する先行研究を精査した。そこで分かったのは、こうしたプログラムが有効だった事例はごく少数であるということだ。「数は少ないが、分析した過去の論文のデータによれば、暴力的な男性に対して広く使われている心理的介入手法が、意図とは逆の結果をもたらすことに驚いた」と、マラムスは心理学ニュースサイト「サイポスト」に語った。

例えば15年のある研究では、性差別的な態度が強い男性は、男女の平等を促進するメッセージを読んだ後、女性に対してさらに攻撃的になったことが分かっている。

マラムスらはこれを「ブーメラン効果」として知られる心理学的現象に分類。「人は自由を脅かされるとそれに反発し、外部からの強制と反対の方向に動くことで、自律性を主張する」と論じている。

つまり性的な攻撃性を持つ男性は、男女平等や暴力防止のメッセージに逆らう行動を取る可能性がある。彼らは、自分には望む女性と性交渉をする「権利」があると思っているためだ。

マラムスは今回の調査結果を、より効果的なレイプ防止プログラムの開発に役立てられるだろうと言う。「大学に入学する年齢に達するずっと前に、よりよい防止策を講じることを検討すべきだ。もっと若いうちでなければ、効果は上がらないかもしれない」

【参考記事】集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回想録

[2018年7月10日号掲載]

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

英政府の離脱協定案、議会通過見込めない=スコットラ

ビジネス

貿易収支が2カ月ぶり赤字、原油高響く 輸出プラス転

ワールド

サウジ記者殺害テープ、トランプ米大統領「聞きたくな

ビジネス

焦点:世界株安で蘇る「バリュー株」人気、成長株は後

RANKING

  • 1

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 4

    海外移住「キャリアアップ」のリアル──日本人女性の…

  • 5

    息子が死ぬまでいじめに気づけなかった――新学期から4…

  • 1

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    キャンパスに寝袋、知り合いのソファを転々......学…

  • 4

    国連演説に人気番組出演! アメリカでBTS旋風が…

  • 5

    海外移住「キャリアアップ」のリアル──日本人女性の…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

  • 3

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:東京五輪を襲う中国ダークウェブ

2018-11・27号(11/20発売)

無防備な日本と東京五輪を狙う中国ハッカーたち── ネットの奥深くで始まったサイバー作戦の狙いは?

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!