コラム

ルペンの国民戦線が党名を変更する訳

2018年03月22日(木)17時30分

フィリポ派の離党

そうした路線を主導し、その結果として敗北の戦犯とされたのが、当時副党首を務めていたフロリアン・フィリポだ。フィリポは、マリーヌ・ルペンが進めてきた国民戦線の脱悪魔化や、EUやユーロからの離脱といった党の政策を理論面で支え、ルペン党首の右腕と称されてきた。国民戦線には珍しいENA(フランスの高級官僚を養成する国立行政学院)卒のエリートで、メディアにもたびたび登場し、弁舌さわやかに国民戦線の政策を喧伝した。

その手腕が、大統領選挙での敗北後はかえって仇となり、党内で孤立を深めた結果、昨年9月に離党し、自らの新党、「愛国者たち」(Les Patriotes)を立ち上げた。

RTX2ZOIK.jpg

フロリアン・フィリポ REUTERS-Robert Pratta

主権重視からアイデンティティ重視へ

この分裂劇は、国民戦線の中で、主権重視・社会派とされる党内左派が切り捨てられたことを印象付けた。

yamada1a.jpg

その結果、アイデンティティ重視・経済的自由主義派とされる党内右派の路線が再浮上。その象徴とされてきた、若手のホープ、マリオンマレシャル・ルペン(マリーヌ・ルペンの父で国民戦線の前党首、ジャンマリ・ルペンの孫で、マリーヌ・ルペンの姪)が、家庭生活に戻りたいとして、昨年5月に政界からの引退を表明して以降、いったん勢いを失いかけたが、フィリッポ派の離脱以降、徐々に盛り返してきた。

RTX4YG84.jpg

マリオンマレシャル・ルペン REUTERS/Kevin Lamarque


そうした微妙な党内バランスの変化を窺いながら、マリーヌ・ルペン党首は、新しい党名のもと、他の右翼政党(デュポンテニャンの「立ち上がれフランス」や共和派の一部など)との連携も視野に入れて、党勢の回復・拡大に努めようとしている。

プロフィール

山田文比古

名古屋外国語大学教授。専門は、フランス政治外交論、現代外交論。30年近くに及ぶ外務省勤務を経て、2008年より東京外国語大学教授、2019年より現職。外務省では長くフランスとヨーロッパを担当(欧州局西欧第一課長、在フランス大使館公使など)。主著に、『フランスの外交力』(集英社新書、2005年)、『外交とは何か』(法律文化社、2015年)など。

ニュース速報

ビジネス

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算で

ビジネス

ドル2週連続で上昇、来週のFOMCに注目=NY市場

ワールド

中国、ロス前米商務長官らに報復 「反外国制裁法」初

ワールド

G20気候・エネルギー相、石炭火力廃止など巡り合意

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な相違点がある)

  • 4

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 5

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 6

    世界で最も静かな場所...深遠なる静寂が広がる「音の…

  • 7

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 8

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 9

    日本の皆さん、習近平は「シー・チンピン」でなく「…

  • 10

    最先端!がんセンター東病院トップが明かす「若者」…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 7

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 8

    BTSのジミンに憧れ整形手術18回、英国人は念願の韓国…

  • 9

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 10

    五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 6

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中