最新記事

野生動物

カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...最多の「犠牲者」動物は?

2021年11月16日(火)17時26分
ニューズウィーク日本版編集部
アメリカグマ

WERGODSWARRIOR/ISTOCK

<野生動物の生息地が縮小するに伴い、ハイウエーに出てきてしまって車にはねられる動物が急増し、深刻な事態となっている>

カリフォルニア州で野生動物の交通事故が深刻な問題になっている。この11年間で4万4000件もの事故があり、過去5年間では哺乳類から爬虫類まで400種もの動物が犠牲に。インフラや自動車への被害総額は推定10億ドルにも達するという。カリフォルニア大学デービス校道路生態学センターの研究によると、最も事故が多かったのは、州間高速道路280号線のサンフランシスコ湾に近いサンブルーノとクパチーノ間。生息地が年々縮小するなか、動物たちがハイウエーに出てきてしまうらしい。最も多くの死亡が確認されたのはピューマとアメリカグマ(写真)だったという。

10億ドル

自動車と動物の衝突事故によるインフラ、自動車の被害総額

300頭

自動車と衝突して死んだピューマの数

557頭

自動車と衝突して死んだアメリカグマの数

※いずれもカリフォルニア州における2016〜2020年の合計

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

火山噴火のトンガ、離島が救難信号 首都など深刻な被

ワールド

北朝鮮、17日に発射したのは戦術誘導弾 標的に命中

ワールド

ジョンソン英首相、封鎖下の官邸パーティーを事前に承

ワールド

UAE首都で燃料トラック爆発、3人死亡 フーシ派が

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月