最新記事

家庭

かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

Baby Says ‘Mama’ In ‘Almost Demonic’ Way

2021年5月7日(金)11時43分
アレクシス・タイ

驚きの声色で「ママ」と言うエイデン YouTube

<アイルランドの家庭で撮影された動画が大きな話題に。生後16カ月の赤ちゃんが発したあまりに意外な「ママ」の声>

小さな子供を持つ親にとって、子供が初めて言葉を口にする瞬間は待ちきれないものだろう。しかし、アイルランド東部ウィックローに住むある夫婦にとってその瞬間は、彼らが思い描いていたものとはかなり違うものだったようだ。

母親のマイケン・ウォル・エイドが撮影した動画の中で、生後16カ月の息子エイデン・ジェームス(AJ)は父親のジュリアン・ブロフィーの膝に座り、幸せそうにベリーを食べていた。そこで母親が「ママって言える?」と尋ねると、AJは満面の笑みを浮かべながら「ママ」と言葉を発した。

ただ問題は、その声が両親の想像とはまったく違って、かわいい顔からは想像もできない、うなるような「恐ろしい」低い声だったこと。意表を突かれた両親は思わず大笑い。その後もAJは何度も「ママ」と繰り返し、父親は笑いが止まらなくなっていた。

YouTube


母親が「ほとんど悪魔みたい」と形容したAJの動画は米ABCテレビでも紹介され、スタジオも笑いに包まれていた。

母親のエイドは「ものすごく大笑いしてしまったわ。今も彼はあんな感じで『ママ』って言っているの」と語った。また、かわいらしいAJは、今度は「パパ」の言い方を教わっているという。今度は、もっとかわいい「悪魔的」でない声を聞くのを楽しみにしているそうだ。

多くの赤ちゃんは生後12~18カ月ごろに、簡単な単独の指示を理解できるようになるとされる。また同じころに、「ママ」や「ダダ」といった言葉を発し始める。AJもこれから、周囲の言葉や音を繰り返すことができるようになるはずだが、この最初の「ママ」の声は両親にとって、特別に忘れられないものになりそうだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ

ワールド

東京五輪、G7全首脳が開催支持と菅首相 

ワールド

G7、大規模景気支援「必要な限り」継続 過去の過ち

ワールド

G7声明、途上国の温暖化対策に拠出増額 具体策は盛

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月