最新記事

中東

イスラエル空爆によるガザ地区の死者は、ハマスのロケット弾攻撃による過去25年間の死者を上回る

Israeli Airstrikes on Gaza Killed More This Week Than Hamas Rockets Have in 20 Years

2021年5月17日(月)18時00分
ダニヤ・ハジャジ
イスラエル軍による空爆で破壊されたガザ地区のビル

5月15日、イスラエル軍による空爆で、ガザ地区にあるAP通信やアルジャジーラが入るビルが破壊された Ashraf Abu Amrah-REUTERS

<死者数の大きな差が示すイスラエル対パレスチナの戦いの非対称性と、それを正当化するイスラエルの多彩な理屈>

先週のパレスチナ自治区ガザ地区へのイスラエルの空爆による死者は、ガザ地区を実効支配するイスラム系過激派組織「ハマス」のロケット弾による過去20年間のイスラエル側の死者を上回っている。

死者数のこの大きな差は、被害者は自分たちだというパレスチナ側の主張の説得力を強めるとともに、イスラエルに自制を求める世界からの声が高まる理由にもなっている。

パレスチナ側はこれまでも、犠牲者が多いのはイスラエルの武力行使があまりに行きすぎている証拠だと訴えてきた。一方イスラエルは、自国の防空能力が優勢でなければパレスチナ民兵の攻撃による犠牲者は実際よりはるかに多くなっていただろうと主張。また、パレスチナ民兵が身を隠すため、また宣伝のために故意に一般市民の中に紛れていると非難している。

イスラエル側のデータによれば、2000年から昨年までに、ガザ地区のパレスチナ人によるロケット弾攻撃で死亡したイスラエルの民間人は38人。一方、パレスチナ側は、今月10日から14日までにイスラエル軍の攻撃で122人のパレスチナ人が死亡したと主張している(パレスチナ側は一般市民と民兵を分けた数字を出していない)。

イスラエル外務省はウェブサイトで、2000年9月27日から今月5日までの「パレスチナによる暴力の犠牲者」リストを公開。本誌が調べたところ、このうちハマスの発射したロケット弾と関連して死亡したとされていたのは少なくとも16人(子供4人を含む)だった。

外国人労働者も巻き込まれ......

16人のうち12人が民間人で、2人はイスラエル軍関係者、2人は外国人労働者だった。ハマスが行ったとされる16回の攻撃のうち、15回はハマスが犯行声明を出している。

一度に30人の死者を出したパレスチナ側のロケット弾攻撃については、どの組織が行ったか明示されてはいないが、外務省は死者のうち約6人についてハマスが製造したロケット弾「カッサム」で死亡したとしている。また、少なくとも16人の死はガザ地区から打ち込まれた飛翔体と関連があるとされている。

04年にはガザ地区内にあったユダヤ人入植地(現在は解体されている)で、24歳の女性が何者かが撃った迫撃砲によって死亡している。

リストにはハマス以外のパレスチナ人組織のロケット弾攻撃による死者も含まれている。そのうちいくつかは、イスラム聖戦機構が犯行声明を出したものだ。少なくとも5人のイスラエル軍兵士を死に至らしめた携行式ロケット弾(RPG)の攻撃も、ガザ地区で働いていた中国人1人とパレスチナ人2人がカッサムロケットにより死亡した事件も、しかりだ。10年にタイ人労働者が1人、やはりカッサムロケットで死亡したが、これについてはファタハの軍事部門であるアルアクサ殉教者団やイスラム武装組織アンサール・アルスンナが犯行声明を出している。

ニュース速報

ワールド

G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ

ワールド

東京五輪、G7全首脳が開催支持と菅首相 

ワールド

G7、大規模景気支援「必要な限り」継続 過去の過ち

ワールド

G7声明、途上国の温暖化対策に拠出増額 具体策は盛

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月