最新記事

映画

ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム』最新作が示す「宇宙」の未来

MCU: Let There Be Change

2021年12月2日(木)17時07分
ジュリア・アレクサンダー
『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 SONY PICTURES-SLATE

<「ヴェノム」とスパイダーマンがいよいよ共演? 群雄割拠のスーパーヒーロー帝国で新たな章が始まるのか>

シリーズ第2弾『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のエンドロール後に流れるシーンは、マーベル映画によくある続編への布石とは違う。次はどうなるかをにおわすのではなく、私たちにこんな疑問を持たせる──いったい何が起きるのか(以下、ネタバレあり)。

エディ・ブロック(トム・ハーディ)と相棒のヴェノムは宿敵カーネイジ(ウディ・ハレルソン)を倒し、テレビを見ながらくつろいでいる。エディは自分に寄生した地球外生命体のヴェノムに、まだ秘密があるのではないかと尋ねる。

ヴェノムが、共生生物のネットワークを通じて複数の宇宙がつながっていることを説明しようとしたとき、部屋が鮮やかな黄色い光に包まれる。テレビがニュースに切り替わり、「スパイダーマン」でおなじみのデイリー・ビューグル紙のJ・ジョナ・ジェイムソンがピーター・パーカー(スパイダーマン)について語り始める。だが画面に映るスパイダーマンは、トビー・マグワイアでもアンドリュー・ガーフィールドでもない。最新シリーズのトム・ホランドだ。

スーパーヒーロー世界のユニバース化

スーパーヒーロー映画の世界は「ユニバース化」が進んでいる。さまざまな作品の世界観がつながって宇宙(ユニバース)を共有しているというコンセプトで、物語の枠を超えてキャラクターが共演。クロスオーバー作品が数多く誕生している。

マーベル映画で展開されている宇宙は2つ。「キャプテン・アメリカ」や「アイアンマン」を擁するマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)と、ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース(SSU)だ。

だからマーベルのファンは、あの場面に息をのんだ。SSUの「ヴェノム」の主人公たちがホランド版のピーターを見ているということは、MCUシリーズ第3弾『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(日本公開は来年1月7日)に、ヴェノムが登場する可能性があるのだろうか?

MCUとSSUのクロスオーバーが、ついに実現するのか。

『ノー・ウェイ・ホーム』は、前作の最後で正体を暴露されたピーターがドクター・ストレンジに時間を巻き戻してほしいと頼み、その過程で時空の連続体が壊れてしまう。『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の最後のあの黄色い光は、時空の扉が開いたという意味なのだろうか。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、17日に発射したのは戦術誘導弾 標的に命中

ワールド

UAE首都で燃料トラック爆発、3人死亡 フーシ派が

ビジネス

カナダ企業、人材不足や賃金圧力の強まり指摘=中銀調

ビジネス

米副大統領、投票権保護へ上院は行動を キング牧師記

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月