最新記事

起業

起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験より大事な4箇条

Starting Your Own Business

2021年9月24日(金)18時01分
キャラ・ゴールディン(ヒント創業者・CEO)
起業(イメージ画像)

アメリカでは起業がブームとなり20年には前年比25%増。だが新会社の約45%が設立後5年以内に倒産するとされる C.J. BURTON-CORBIS/GETTY IMAGES

<私の飲料ベンチャーを成功に導いたのは資金・ツテでも知識・経験でもなかった。創業者が押さえるべき4つのポイント>

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は多くの人を苦境に追いやる半面、起業を促すきっかけともなった。ブルームバーグが伝えた米税務当局・内国歳入庁(IRS)の統計を見ると、2020年には会社設立に必要な法人納税番号の登録申請者が前年比25%近く増え、430万人に達している。

とはいえ、ただの思い付きで起業しても成功の保証はない。米労働統計局のデータなどから、パンデミックの最中で設立された企業の約20%は設立後2年以内に倒産し、さらに設立後5年以内には約45%が淘汰されると予測できる。「約束の地」に到達するには何が必要なのか。創業者に求められる資質を見てみよう。

好奇心

私が会ってきたほぼ全ての起業家に共通するのは好奇心旺盛なこと。目の前の問題を解決しようとすることが起業の動機になるが、解決策は初めから分かっているわけではない。起業家はどこまでも答えを探し求める。

AOLの技術部門に勤務していた私が、そろそろ新しいキャリアを開拓したいと考え始めたのは01年のこと。当時たまたま体調を崩していたこともあって、もっと体に良いドリンクが欲しいと思った。

ある日、愛飲していたダイエットコークの缶に記載された表示をじっとにらんでいるうちに、こんなにいろんな成分が入った飲み物はもうやめにして、ただの水を飲もうと思い立った。でも、ただの水は味気ない。そこで果物を細かく刻んで風味付けにちょっとだけグラスに入れてみた。すると、あーら不思議、水がおいしく感じられる。

好奇心が頭をもたげたのはそこからだ。甘味料や保存料ゼロのおいしい水が販売されていないのはなぜだろう。ダイエットコークのように「ヘルシー」をうたったドリンクでさえ甘味料が使われているのはなぜ?

素朴な疑問がやがて新製品の開発に結び付き、1年半後、私が開発したフレーバーウオーターの「ヒント」が地元サンフランシスコの自然食品店の棚にお目見えした。

右も左も分からない業界に飛び込んだので、数々の障壁にぶつかったが、好奇心がそれらを乗り越えさせた。既に飽和状態の飲料市場に新たなカテゴリーを生み出せたのも好奇心のたまものだ。

不安を克服する

会社を起こすときは誰でも自分の経験のなさに不安を抱く。私の場合も05年にヒントを設立した時点では飲料業界の知識・経験はゼロ。これから起業する人や新興企業の経営者と仕事をしてきた経験は豊富にあったが、自分が起業するのは初めてだった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米大統領、G20でエネルギー価格などに焦点=サリバ

ビジネス

3M、通年利上げ見通し下げ 供給網の問題や商品価格

ビジネス

米大統領、4年ぶりにASEAN首脳会議に参加 中国

ビジネス

米新築住宅販売、9月は14%増の80万戸 半年ぶり

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月