コラム

死の淵に立っても劉暁波を容赦しない「人でなし」共産党

2017年07月13日(木)18時30分

≪中国語原文≫
■死神之敌

这几天,全世界关心中国问题的人中间,最热门的话题就是中国作家、人权活动家刘晓波的病情。他因起草《零八宪章》于2008年被捕,2009年被以《煽动颠覆国家政权罪》判处有期徒刑11年,获得2010年诺贝尔和平奖时他还在狱中,颁奖典礼上的空椅子成为那一年的新闻焦点。刘晓波通过朋友传达出强烈的愿望,宁可死也要死在国外,他更担心因为长期被软禁而有忧郁症的妻子刘霞,希望刘霞能和他一起投奔自由世界。

入狱之前,刘晓波就有肝炎病史,而中国监狱里恶劣的居住和饮食条件使得他的身体难以维持健康。中国各地关心刘晓波安危的网民纷纷前往刘晓波所在的医院探望,令人发指的是,虽然刘晓波已经是癌症末期,仍然不能享有正常的探视权利,中共当局封锁了他所在的医院一整个楼层,甚至连医院对面的一家宾馆也被禁止提供朝向医院一面的房间给客人入住,试图进入医院采访的美国记者被殴打。

就在我画完这篇漫画,写下这篇评论时,刘晓波已经进入临终状态,虽然几天来中共终于允许德国和美国的专家探视,但是依然拒绝他们派专机接走刘晓波的要求。据传,在德国召开G20时,德国总理默克尔多次向习近平表达了希望释放刘晓波的请求,习近平的回答是要回国后开会研究一下。以我的经验,习近平的这个表态纯粹是欺骗性的,果然,回国后他没有就刘晓波的问题有任何开会研究,只是继续让刘晓波慢慢死去。有位朋友在中国某监狱里看到一个房间,摆放着很多骨灰盒,他问看守难道是家属不想把骨灰领走吗? 看守说,这些犯人刑期未满就死了,所以要等骨灰服满刑期后才能转交给家属!

刘晓波不是全世界唯一一位在狱中获得诺贝尔和平奖的人,但是,他很可能成为诺贝尔和平奖获得者中第一位死在监狱里的。他被判刑时不被允许在法庭上读出的最后陈述中有一句话:"我没有敌人,也没有仇恨。"虽然刘晓波没有敌人,但是对中共来说他还是要彻底消灭的敌人。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ベネズエラ大統領、野党と対話再開へ 米の制裁緩和受

ワールド

米、ロシアの戦争犯罪の証拠収集・分析へ 説明責任を

ワールド

北朝鮮の金氏、コロナ対応「未熟」と批判 新たに23

ワールド

米粉ミルク不足問題、下院歳出委員長がFDAに緊急予

今、あなたにオススメ

>

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中