コラム

米最高裁判事の人選が超重要であるこれだけの理由

2020年10月13日(火)18時30分

■ポイント3

その中でも、ルース・ベイダー・ギンズバーグは特別な存在!

史上2人目の女性判事だったギンズバーグは長年社会的弱者、特に女性の権利を尊重、主張してきた。アメリカの女性の間では、ハリウッドスターと並ぶようなあこがれの的だった。イニシャルのRBGから、ラッパーのNotorious B.I.G にかけた Notorious RBG という愛称で親しまれたし、顔写真・イラスト入りのTシャツ、マグカップ、靴下などのグッズが普通にアマゾンなどで販売されている。「僕も女性の権利を守る!私も強い女性を目指す!」などの意味を込めてそれらを愛用しているリベラル派も少なくない。逆に、顔入りの靴下を逆さに履いて彼女の顔を踏んづけながら生活している保守派もいるかもしれないけど。

■ポイント4

バレットが入ると裁判所のバランスが大きく変わる。

ドナルド・トランプ大統領が後任に指名したエイミー・コニー・バレットはRBGと正反対の政治理念の持ち主。承認されたら「リベラル・保守派」のバランスは5対4から6対3に変わる。バレットも女性であり、先輩の活躍で進められた男女平等社会の恩恵を受けているはずだが、ギンズバーグの「遺産」を守ってくれなさそうだと、強く懸念されている。例えば、バレットは中絶の権利を定めた最高裁の判例を覆すように要求した公開書簡に署名している。また、多くの社会的弱者が頼りにしている健康保険制度であるオバマケアの合法性を疑問視している。つまり、ギンズバーグ在勤の間に進歩したイシューが逆戻りすることは十分あり得るのだ。リレーで、逆方向に走る人にバトンタッチするような展開だ。

■ポイント5

共和党がズルい。

この半世紀、任命・承認された最高裁判事は18人いるが、その中の13人は共和党の大統領が選んだ。もちろん、これは、判事の引退や死亡のタイミングの偶然性もあるが、それだけではない。

2016年2月にアントニン・スカリア最高裁判事が突然亡くなった当時のバラク・オバマ大統領は、後任を選ばせてもらえなかった。もちろん候補を指名はした。それも、野党に気を使い、以前、連邦裁判所判事として共和党員も含めて満場一致で承認された、誰もが好きな中道派の判事だった。だがこの時、共和党が支配権を握る上院は承認するどころか、審議すらしなかった。その理由は「選挙直前だから、民意を問うべき!」だから。つまり、その秋に控えていた大統領選挙に勝った人が指名するべきだということ。結局、オバマではなく、トランプが判事を指名することになった。

あの時は、選挙の9カ月も前だった。今回は選挙まで約90日しかない。なのに、また上院で過半数を押さえている共和党は急いで判事を承認しようとしている。露骨な矛盾で、共和党は非難されているが、実は、4年前にこの事態を予言した共和党の重鎮がいる! リンゼー・グラム議員は「将来、僕の言葉を武器に、僕を攻撃しても構わない」と前置きにしながら「もし次の大統領が共和党だとして、選挙前に判事の席が空いたら、そのとき、『後任選びは次期大統領に任せるべきだ』と僕に言ってください」と、公言した。その映像がはっきり残っているから、本人の願い通り、今は彼への攻撃材料に用いられている。よかったね、リンゼー!

言い訳として、共和党は「前回と違って、判事を指名する大統領と、承認する上院の過半数は同じ政党だ。選挙をしなくても民意はわかる」と主張している。

ここで大体リベラル派は爆発する。トランプは前回の選挙で300万票近くもの大差の得票数で負けているのに大統領になった。しかも上院の選挙でも、全国合計で1800万票もの大差で共和党が得票数で負けているのに、むしろ議席を増やしているのだ!

本当の民意は得票率に現れているが、狂った選挙人制度のせいで大統領も、上院の定数議席制度のせいで上院議員の過半数も、少数派の票で決まっている。さらに現在、民主党のジョー・バイデン大統領候補がトランプを支持率で大きくリードしているし、世論調査で「判事の承認は選挙後まで待つべきだ」と大半の人が思っていることがわかる。(RBGご本人も遺言としてその願いを残していると、孫が伝えている。)

リベラル派は爆発するかもしれないが、ある意味僕は感心している。どうみても民意に反する判事承認を「民意に沿ってやる」と主張し、強行するのは、お笑い芸人のネタなら素晴らしいボケになる。今度、共和党に弟子入りさせてもらおう。

20210921issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月21日号(9月14日発売)は「歴史で読み解く台湾情勢」特集。米中対立の「発火点」――歴史・文化・軍事・技術から台湾情勢を解き明かす。解説:野嶋 剛(ジャーナリスト)ほか

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ワールド

インドのムンバイ市民、約90%が新型コロナ抗体を保

ビジネス

米GM、供給網の「大幅な変更」を計画 半導体不足受

ワールド

タリバンに「対話の余地」、人権問題巡り=UNHCR

ワールド

英、入国規制を簡素化 ワクチン接種者はPCR検査免

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を防ぐとの研究結果

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    85年前に絶滅したフクロオオカミの映像がカラー化さ…

  • 6

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 7

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 8

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 9

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 10

    フルタイムでもワーキングプア......非正規公務員の…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら人生が急展開した

  • 4

    中国系スーパーヒーローが活躍するマーベル新作映画…

  • 5

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    <閲覧注意>命懸けで離陸する米軍機に取り付き、落…

  • 10

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中