最新記事

シリーズ日本再発見

NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝罪文化」

2019年01月16日(水)17時25分
内村コースケ(フォトジャーナリスト)

日本独特の「謝罪会見」

欧米をはじめ、日本以外のほとんどの国では、著名人や企業が不祥事を起こした場合、報道陣の前に直立して頭を下げるという光景はほとんど見られない。そういったフェーズを経ずに、まずは被害者との示談交渉や訴訟に応じ、その結果をメディアに発表するといったことが、「世間」に対する最も誠意ある態度だというのがグローバル・スタンダードな常識だ。

日本国内でも、外資系企業や外国人のトップが同様の行動をして、「世間」の非難を浴びる場合が多い。私がよく覚えているのは、スイス系企業のシンドラー社製のエレベーターに男子高校生が挟まれ、死亡した2006年の事故の同社の対応だ。当時の日本法人の外国人社長や幹部は、当初「世間」に対する謝罪は一切せず、メディアの前では逆に自社の製品の信頼性の高さを強調した。これに対し、日本のマスコミは盛んに謝罪会見の開催・謝罪コメントを要求した。

この状況を受けて日本の弁護士やスタッフのアドバイスがあったのか、事故から9日後に同社幹部の謝罪会見が開かれた。ところが、当時のケン・スミス社長は5秒間頭を下げたものの、「90度以上腰を曲げて目を伏せる」という日本の常識を打ち破り、目を見開いて周囲をにらみつけるような様子を見せたことから、またマスコミの非難を浴びてしまった。その際のスミス社長の謝罪の言葉は「事実確認に重点を置きすぎたため情報開示が遅れて、遺族や住民の皆さまらにお詫び申し上げます」というものだった。

「謝罪」は自らの過ちを認めるホラー(戦慄的)な行為

シンドラー社の謝罪会見について、シンドラーグループの本拠があるスイスの日刊紙、ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングは、「こうした事故の際に立ちはだかる問題が2つある。1つは日本では人の生命にかかわる技術については他の国と比べて、非常に厳しく完璧さを求められること。もう1つはグローバル化にあっても依然ある文化の大きな違い。記者会見で頭を下げ日本式に謝罪したことをシンドラーの米国の顧問弁護士は、会社が過ちを認めたことになると戦慄(ホラー)を持って受け止めた」と報じている(『swissinfo.ch』)。

今回の山口さんの事件では、「性犯罪の被害者である女性」が謝罪しているという点で、海外の目からはさらに「ホラー」に映ったことであろう。日本のサブカルチャー全般には好意的なスタンスであるはずの『Kotaku』も、一連の経緯とネット上の反応をまとめたうえで、「謝罪は必要だ。しかし、それは彼女からではない」と批判的なトーンの記事を結んでいる。香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)も、襲われた側の日本のアイドルが謝罪に追い込まれた件が「日本と世界の人々の怒りに火をつけた」と報じている。

日本のポップカルチャーやアイドル事情に通じているアジアのファンにとっても、今回の件はショッキングだったようだ。「自分がどのように男たちに襲われたかを明かし、彼女を守らなければいけなかった人々が正義を示さなかったからといって、被害女性が謝る必要は全くない。被害者を非難し、傷つけるのはやめて!」――。こうしたツイートが、#justiceforMahohon(まほほん=山口真帆さんの愛称=に正義を)というハッシュタグ付きで広まっていると、SCMPは報じている。

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な相違点がある)

  • 4

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 5

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 6

    世界で最も静かな場所...深遠なる静寂が広がる「音の…

  • 7

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 8

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 9

    日本の皆さん、習近平は「シー・チンピン」でなく「…

  • 10

    最先端!がんセンター東病院トップが明かす「若者」…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 7

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 8

    BTSのジミンに憧れ整形手術18回、英国人は念願の韓国…

  • 9

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 10

    五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中