Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.11. 3号(10/27発売)

特集:ドイツ妄信の罠

2020年11月 3日号(10/27発売)

Cover Story

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

日独関係 したたかなドイツに片思いする日本
歴史問題 日本とドイツ、2つの戦後
和解 謝罪よりむしろ歴史の真実を語れ
視点 模範国家ドイツという幻想
提言 これからの日独関係を考える

トランプを殺す福音派の造反

米大統領選 「岩盤層」白人支持者の間でBLM運動に賛成する動きが始まった
【Periscope】
UNITED STATES 日米豪印の「クアッド」に走る亀裂
BOLIVIA モラレスなきモラレス路線がボリビアで復活
CHINA 中国の極超音速ミサイルの標的は?
GO FIGURE トランプの再選を占う歴代大統領の支持率
【Commentary】
イスラム マクロンvsイスラム分離主義──飯山 陽
アメリカ 「第3の建国」がアメリカに迫る──河東哲夫
コロナ 家籠もりと古代詩とコヨーテの日々──グレン・カール
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「トランプ感染」中国人の本音──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 隠れ失業者問題に必要な「公助」── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える ピンクが大好きな娘に夫はイライラ
たかがジョーク、されどジョーク 菅新総理の空手への「反対意見」── 早坂隆
【World Affairs】
ネット規制 グーグル提訴はまだ序の口だ
【Features】
米社会 BLMの発火点、知られざるその後
【Life/Style】
Documentary 地球の「最後の氷」が解けないうちに
Art 1本12万ドルのバナナ(鑑定書付き)
Comedy 混迷の時代にジョークができること
Work コロナ時代に成果を出すリーダーの条件
Hotels 大自然の透明ホテルに至高の一夜を求めて
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 分断の街NYの分断された視点
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 西村カリン── 報道は推定無罪の原則を守るべき

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 10

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中