Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.11.10号(11/ 4発売)

特集:アメリカ大統領選 中国工作秘録

2020年11月10日号(11/ 4発売)

Cover Story

アメリカ社会に浸透する中国人工作員── 共産党が勝たせたいのはトランプかバイデンか

調査報道 世界が知らない中国のアメリカ浸透作戦
アメリカ 在米反体制派は実は親体制派?
頭脳流出 「千人計画」の知られざる真実

ポンコツ大統領選を見直す時

米政治 重責にふさわしい資質の持ち主を選ぶための新プロセスを提言する

Commentary 新連載

その言葉への違和感 菅首相の「ビジョン」に絶句した── 望月優大
【Periscope】
GERMANY ドイツのコロナ対策にアメリカも学べ
SOUTH KOREA 中国出身アイドルに韓国ネット民激怒
UNITED STATES フェイスブックがデマ拡散を放置
GO FIGURE 中国と仲良くしたい? 台湾人の本音
【Commentary】
視点 「トランプ以前」に欧州は戻れない──ヨシュカ・フィッシャー
イギリス 英医療制度の聖域化にもの申す──コリン・ジョイス
米選挙 トランプがごねれば中国が笑う──ミンシン・ペイ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 さよなら、「英雄」コロンブス──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 デジタル人民元を甘く見るな── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 仲の悪い兄弟を仲直りさせたいが
森達也の私的邦画論 エグイけれど窮屈な小津の『東京物語』── 森達也
【World Affairs】
韓国 サムスン領袖の死去で経営大転換の予感
【Features】
北欧 世界がスウェーデンに抱く虚像
研究 科学は「Qアノン」の偽情報を止められるか
【Life/Style】
Music NZ+ヒップホップ+ BTS×TikTok
Drama 「パリ版SATC」は視聴者をだます
Movies トランプ時代に響く「正論」の古さと新しさ
Women 働く母親に送る失敗のススメ
Architecture 怪物たちを歴史的建造物に訪ねて
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 自然を生きる動物たちの輝きを捉える
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 周来友── 日本で考える、日米関係の不思議

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 10

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中