コラム

英ワクチン戦略に富士フイルム子会社が参加 「戦時体制」で集団免疫獲得に突き進む

2021年03月30日(火)11時22分

イギリスの科学力の源泉

イギリスは欧州最大の犠牲者12万6615人を出し、人口100万人当たりの死者数は1858人と、同72人の日本とは比べ物にならない大きな被害を出している。しかし、失敗から学ぶのがイギリスだ。日本と比較してみて思うことがいくつかある。

(1)科学者の構想力

アストラゼネカ製ワクチンを開発した英名門オックスフォード大学ジェンナー研究所セーラ・ギルバート教授のチームは、中国がコロナウイルスのゲノム情報を公開した昨年1月11日の翌日にはワクチンの設計をほぼ終えていた。

以前からギルバート教授は大手製薬会社とのパートナーシップと資金調達、世界各地で臨床試験や集団予防接種を展開する青写真を描いていた。高い安全性と有効性に加え、原価で販売、冷蔵庫で保管できる扱いやすさからも、アストラゼネカ製ワクチンがパンデミック対策のチャンピオンと言えるだろう。

(2)科学者の行動力とリーダーシップ、組織力

ゲノム解析で英変異株をあぶり出したCOVID-19ゲノム・コンソーシアム(COG-UK)のシャロン・ピーコック議長(微生物学)は昨年3月、「カネと時間の無駄遣い」と嫌味を言われながらも、大学や研究機関、医療機関のコンソーシアムを結成した。

PCR検査の5~10%をゲノム解析してウイルスの変異をリアルタイムで追跡し、ワクチン開発や政策決定に重要なエビデンスを提供している。

日本の科学者には「コロナウイルスは2週間に1度変異する程度で、インフルエンザウイルスやヒト免疫不全ウイルス(HIV)に比べて変異のスピードは遅い」と変異を重視しない人が多かった。

ピーコック議長に尋ねてみると「あなた、考えてもみなさい。少なくとも1億2800万人以上が感染しているのよ。1つ1つの変異スピードが遅くても、それだけ感染していればトータルでは変異はすごい数になる。ウイルスは治療薬やワクチンも回避するので、パンデミックではゲノム追跡は不可欠よ」と教えてくれた。

信じられないことに日本はPCR検査のスケールアップで躓いた。

(3)臨床試験に参加する市民が圧倒的に多い

世界初のインターロイキン6(IL-6)阻害剤として大阪大学と中外製薬により共同開発された「アクテムラ」が臨床試験で重症患者の死亡リスクを約4分の1削減することが証明されたのを発表したのはジョンソン首相だ。

IL-6発見者の一人である大阪大学前総長の平野俊夫・量子科学技術研究開発機構理事長に知らせると「35年前のIL-6発見からその作用機序や病気との関係に関する基礎研究を長年続けてきた成果がこのような形で世界に貢献できることは研究者冥利に尽きる」と感慨深げだった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

IMF理事会、世銀報告書へのゲオルギエワ氏の関与を

ワールド

米、コロナワクチン追加接種展開の用意 規制当局の承

ワールド

米、アラブ諸国とイスラエルの国交正常化推進 アブラ

ビジネス

米ミシガン大消費者信頼感、9月は小幅上昇 予想は下

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を防ぐとの研究結果

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    85年前に絶滅したフクロオオカミの映像がカラー化さ…

  • 6

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 7

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 8

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 9

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 10

    フルタイムでもワーキングプア......非正規公務員の…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら人生が急展開した

  • 4

    中国系スーパーヒーローが活躍するマーベル新作映画…

  • 5

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 8

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    <閲覧注意>命懸けで離陸する米軍機に取り付き、落…

  • 10

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中