コラム

元徴用工問題で韓国政府の代位弁済案が浮上、日韓関係は改善されるか

2021年10月18日(月)15時44分
反日デモ

日本の植民地支配から解放された記念の日、元徴用工への賠償と謝罪を求める韓国人(8月15日、ソウル) .Kim Hong-Ji- REUTERS

<日韓関係は最悪で、当面その最大の障害になっているのが元徴用工への賠償金支払いのために日本企業の韓国資産を売却する裁判所命令だが、与党や財界からは関係改善を模索する声が出てきている>

10月4日、自民党の岸田文雄総裁が、第100代の内閣総理大臣に選出されてから、日韓関係の今後が注目されている。文大統領は4日、岸田総理に祝いの書簡を送り、「日韓関係を未来志向的に発展させるために共に努力しよう」と呼び掛けた。また、15日の夜には岸田首相と初の電話会談を行い、「直接会って両国の関係改善について意見を交換することを期待する」と述べた。

韓国の財界の期待感も高い。全経連(全国経済人連合会)は4日、「現在、日韓関係は歴史認識問題と日本の輸出規制等により、大きく悪化しており、最近は新型コロナウイルスの感染拡大による両国間の交流減少でさらに厳しい状況に置かれている。(中略)日本の新政府の出帆をきっかけに日韓関係が過去の難しい関係から離れて、より未来志向的な協力関係に発展できるように両国政府がさらに努力してくれることを願う。(中略)特に、岸田首相は外務大臣を歴任したこともあるので、日韓関係の改善に対する期待は大きい」と岸田政権に対する期待感を明らかにした。

また、大韓商工会議所の崔泰源(チェ・テウォン、韓国財閥3位のSKグループ会長)会長も
岸田首相に祝いの書簡を送った。大韓商工会議所が就任する日本の首相に書簡を送るのは今回が初めてのことである。

二転三転する判決

だが、日韓関係の改善は韓国側が望んでいる以上に時間がかかる可能性が高い。その理由としてはまもなく日本では衆議院選挙(10月31日)が行われるので、岸田政権が日韓関係に時間を割く余裕がないことに加え、「元徴用工訴訟問題」をめぐる日韓対立が大きな課題としてまだ残されているからだ。

同問題を巡って、日本政府は1965年の日韓請求権協定によって「解決済み」と主張しているものの、韓国の民間レベルでは日本政府への戦後補償を求める訴訟が続いており、数回にわたる判決が下された。その中でも最近の日韓対立の火種になったのが2018年に10月30日に行われた韓国大法院の判決である。

韓国の大法院は太平洋戦争中、朝鮮半島から内地に動員された元徴用工4人が、新日本製鉄(当時・新日鉄住金)に損害賠償を求めていた裁判で、1人あたり1億ウォン(約1000万円)の損害賠償を命じる判決を言い渡した。訴訟を始めてから13年ぶりの判決である。この判決により、新日本製鉄の韓国内の資産が差し押さえられる可能性がでてきた。もし、差し押さえが実行されると、訴訟が進行中である他の訴訟にも影響を与える可能性が高い。

しかしながら、今年6月、ソウル中央地裁は元徴用工や遺族ら原告85人の訴えを却下した。また、8月と9月に行われた同種の別の訴訟でも原告側が敗訴した。3回続けて2018年10月の大法院の判決とは正反対の結果が出た。

プロフィール

金 明中

1970年韓国仁川生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科前期・後期博士課程修了(博士、商学)。独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年からニッセイ基礎研究所。日本女子大学現代女性キャリア研究所客員研究員、日本女子大学人間社会学部・大学院人間社会研究科非常勤講師を兼任。専門分野は労働経済学、社会保障論、日・韓社会政策比較分析。近著に『韓国における社会政策のあり方』(旬報社)がある

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国「スポーツの政治問題化に反対」、WTAの決定を

ビジネス

国際線の予約再開へ、航空各社が準備に苦慮 政府の一

ワールド

国際線新規予約の一律停止要請、首相らには事後報告=

ワールド

パリ地域圏でオミクロン株感染確認=仏TV

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 7

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 8

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中