コラム

日本でワクチンにまつわるツイートはどう広がったのか 215アカウントが影響を与えていた

2021年03月17日(水)17時30分

リツイートの傾向から見えてくるエコーチェンバー現象

どのツイートをリツイートするかによって、そのアカウントの傾向を整理できると考えてアソシエーション分析を行った。アソシエーション分析はマーケティングなどで用いられる手法で、POSデータから一緒に購買されている商品の組み合わせを見つけ出すことができる。いわゆるアップセル、クロスセルのために使うことが多い。

なお、リツイートからアカウントの傾向をとらえるアプローチは鳥海不二夫と榊剛史の「バースト現象におけるトピック分析」(情報処理学会論文誌Vol.58No.6)を参考にした。この場を借りて御礼申し上げたい。

今回は、同じ傾向を持つアカウントが同じツイートをリツイートするだろうという仮定の元に、よくリツイートされるツイートの組み合わせを抽出して整理した。

「支持度」(support)とは全体の中でのその商品(今回はリツイート)の組み合わせの占める割合、確率である。「リフト値」とは、ある商品と別の商品が一緒に購入される確率を、別の商品が単体で買われる確率で割ったものである。この数値が1以上なら別の商品はある商品との組み合わせで購入されやすいことがわかる。なお、アソシエーション分析では組み合わせのことを「ルール」と呼んでいる。

ichida20210317L.jpg

ichida20210317M.jpg

リツイートの整理の中でリフト値がエコーチェンバー現象を示してしていることに気がついた。エコーチェンバー現象とは、SNSなどで自分の好みの相手をフォローしてゆくと、そこに閉鎖的な空間ができて自分の好きな似た傾向の情報ばかりが目に映るようになる現象を指す。

今回のリフト値はあるツイートが単体でリツイートされる確率よりも、他のツイートと一緒にリツイートされる確率が高い場合に高くなる。リフト値が高いということは、そのリツイートの組み合わせが多いことと、その組み合わせ以外が少ないことを意味する(正確には有向なのでじゃっかん異なる)。そしてその組み合わせのツイートをしているのはほとんどの場合、ひとつのアカウントなのだ。エコーチェンバー現象の閉鎖的な空間に近い。

一般にリフト値は1以上で有効と言われているが、ご覧いただくとわかるように今回のルールのリフト値は非常に高いため、ワクチンのコミュニケーションではエコーチェンバー現象が起きていた可能性が高い。

リフト値の高いルールと支持度の高いルールのいずれでも、内容が似ているツイートというよりは同じアカウントの投稿をリツイートする傾向が見られた。最初にリツイートしてから2時間以内に他をリツイートされていることが多い。ツイッターを見ている時にタイムラインに流れてくるお気に入りのアカウントのツイートをリツイートしていると解釈できる。前述した、情報の信頼性よりも利便性(アクセスの容易さ)を優先する傾向と、エコーチェンバー現象の現れと考えられそうだ。

現在のところ陰謀論やデマが広く流布する状況ではなかった

ワクチンに関するSNSのコミュニケーションは、現在のところ陰謀論やデマが広く流布するような状況ではなかったものの、多くのツイッター利用者は信頼性の高い情報よりも利便性の高いツイートを参照しており、エコーチェンバー現象に陥っているためにそのツイートに問題があってもその指摘が届かない危険がある。

コロナ禍の現在、信頼ある正確な情報を効果的、効率的に届けなければならない。SNSにおいて信頼性よりも利便性を優先する傾向がある以上、それに合わせて柔軟に「一般人」や「医療クラスタ」への対応を考える必要がありそうだ。

ただし、留意が必要なのは全く同じ方法論でネット世論操作を行うことも可能である点だ。バズることでアクセスを稼ぐことにも応用できる。本稿には書かなかったが、首相官邸のツイートだけをリツイートしていたアカウントが2,681個もあったなど予想外の発見もあった。可能性は低いと思うが、本稿を見た方がよからぬ目的で、「一般人」、「医療クラスタ」、「文化人」のアカウントに連絡を取ろうとする可能性を考えて名前は伏せた。同じ理由で上位アカウントやアソシエーション分析の結果得られたルールの具体的な内容には触れないでおくことにした。

先行する記事としては、2020年12月25日鳥海不二夫の「ツイッター上では新型コロナワクチンをどう捉えているか」がある。2020年8月から12月までの期間にわたるツイートを分析したもので、本稿は直近の1週間を切り出したものになる。記事では4カ月のワクチンに関するツイート件数がおよそ450万件だったので、今回の1週間で84万件はだいぶ増えていることになる。状況もかなり変わったようだ。

本稿はあくまでの1週間という限定された中でデータを集計、整理したものである。いわば仮説の提示にすぎない。継続的なSNSコミュニケーションの研究や調査のなにかの参考になれば幸甚である。


プロフィール

一田和樹

複数のIT企業の経営にたずさわった後、2011年にカナダの永住権を取得しバンクーバーに移住。同時に小説家としてデビュー。リアルに起こり得るサイバー犯罪をテーマにした小説とネット世論操作に関する著作や評論を多数発表している。『原発サイバートラップ』(集英社)『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社)『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)『新しい社会を生きるためのサイバー社会用語集』(原書房)など著作多数。ツイッター

ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は続伸、米株高を好感 盛り上がり欠く

ワールド

南北首脳、関係改善で合意 ホットライン再開

ワールド

再送-ロシア、首相の北方領土訪問巡り日本の「敵対的

ビジネス

米フィリップ・モリス、英で「マールボロ」販売終了へ

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 3

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中