コラム

ユーラシアウォッチ 楊海英
ユーラシアウォッチ 楊海英

運営停止に追い込まれた香港民主派メディアが筆者に語ったこと

<中国共産党の自治政策を話し合った時に飛び出した「香港民族」の矜持> 2021年暮れの12月29日早朝、香港政府は200人もの警察を動員し、

2022.01.15
ユーラシアウォッチ 楊海英

台湾有事勃発のシナリオ――中ロはこうして日本を「沈没」させる

<中ロ艦隊が日本列島を周回した挑発行為は「グアム・台湾奇襲作戦シミュレーション」との憶測が> 旧日本軍による真珠湾攻撃から80 年が過ぎた今

2021.12.11
ユーラシアウォッチ 楊海英

ウイグル、チベット、内モンゴル......中国による民族弾圧の原点は毛沢東にあり

<文革は、集団虐殺こそ異民族を統治する上で最も有効であることを知る「成功体験」になった【特集:文化大革命2.0より】> 2008年、筆者があ

2021.11.30
ユーラシアウォッチ 楊海英

中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

<アレキサンダー大王から米軍まで、迎えては送り出してきた世界的要衝へ向かう習政権の命運は> 2019年夏のある日、私はウズベキスタン共和国西

2021.10.16
ユーラシアウォッチ 楊海英

タリバンと中国共産党が急接近する必然の理由

<アフガニスタンの「新政権」を中国が事実上容認するのは両者に驚くほど類似点があるからだ> イスラム原理主義を信奉する神学生をルーツとするタリ

2021.09.21
ユーラシアウォッチ 楊海英

日本は北京五輪ボイコットの先兵になる(はず)

<東京五輪で差別や迫害に毅然とした態度を見せた日本人が中国共産党の残虐性を看過することはない(はず)> さまざまな批判の声が上がり続けたなか

2021.08.18
ユーラシアウォッチ 楊海英

中国共産党と中国人を区別して考えてはならない

<漢民族はどの民族よりも中国共産党のジェノサイドを支持している。共産党は民族政党に変質した> 中国の民族問題について思索する際に、中国人、す

2021.07.21
ユーラシアウォッチ 楊海英

中国の民族問題を経済で語る「識者」たちの偽善

<「漢民族の援助なくして少数民族は生きていけない」と語るのはDV愛好者のような暴論だ> 世界的に注目されるようになった中国の内モンゴル自治区

2021.06.23
ユーラシアウォッチ 楊海英

中国をかばい続ける公明党の危険な片思い

<創価学会が自慢げに語る周恩来と池田大作の「伝統的な友情」だが、中国では全く異なる視点で捉えられている> 「小さな声を聴く力」を持つ政党、「

2021.05.18
ユーラシアウォッチ 楊海英

「文明を与えてくれた中国」への忖度が日本にもたらす悪夢

<中国を文化の恩人扱いする日本人の精神的善良さが世界との間に溝を生む> 日本には一種の目に見えない暗闇の力がある。中国への忖度、配慮、自粛と

2021.04.13

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? 英王室ファンが熱い論争

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    「ひざの痛み」という悩みがいつまでも解消されない…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 10

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 6

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 7

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 10

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中