World Voice

powerd_by_nw

オーストラリアの診察室から

高尾康端|オーストラリア

オーストラリアからみた東京オリンピック2020

画像:tony Sutdio-ISTOCKS

ついに東京2020オリンピックが始まり、オーストラリアではいよいよ盛り上がってきました。オーストラリアでは約270万人が開会式の中継を視聴しました。これは過去2回のオリンピック開会式の視聴率を上回る数字でした。ライブストリーミングの記録でも過去最高のものとなりました。日本との時差がわずか1時間であり、現在シドニー、メルボルン、アデレードでロックダウン中であることが、今回の視聴率に影響しているようです。ロックダウンで家から出られないので、オリンピックを見る人が増えているのです。

つい先日、オリンピック開会式寸前に、ブリスベンが2032年のオリンピック開催地に決定しました。これによりオーストラリアではオリンピック自体の注目度も上がっています。クイーンズランド州の州知事が東京オリンピック開会式に参加するためという理由で、その当時はファイザーのワクチンを受けるグループに入っていなかったにも関わらず、特別にファイザー社ワクチンを受け、市民の反感を買いましたが、開催決定した事でひとまず収まりました。クイーンズランド州の州知事は東京から帰国し、一般の人たちと同じように2週間の隔離に入っています。

また、東京オリンピック村の感染対策について報道もされています。様々な対策がなされているようですが、変異株など含め、感染が広がる心配がされています。オーストラリアの陸上競技チームも一時新型コロナウイルスの感染が危惧されました。オーストラリア陸上チームの選手3人が、新型コロナウイルス陽性になったアメリカの棒高跳びの選手と短い間でしたが、接触があったため、隔離と検査を余儀なくされました。幸運にも3回のPCR検査はすべて陰性で、順調に進めば3人の選手は陸上競技に参加できる予定です。

iStock-540488166-belekekin.jpg
画像: belekekin-ISTOCKS

今まで開催するかどうか不明だったため東京オリンピックについてあまりニュースにも取り上げられませんでしたが、開会してからはオーストラリア選手の活躍が大いに取り上げられ、メダルを取るたびに盛り上がっています。

オーストラリアの最初の金メダルを取った水泳選手がコロナ禍でメルボルンのロックダウン中、一人で家のプールで練習に励んでいたことが注目されていました。オーストラリアはオリンピック一週目の時点では過去最高の9個の金メダルを獲得しました。リオのオリンピックでは合計8個のメダル獲得で終わったので、すでに一週目にして前回のオリンピックを上回っています。

選手の活躍を楽しみにしていますが、同時に関係者含めて、東京を訪れている方々が無事に過ごして帰国されることを願います




参考
https://www.afr.com/companies/media-and-marketing/olympics-delivers-tv-streaming-record-for-seven-20210725-p58cof
https://www.perthnow.com.au/sport/tokyo-2020/tokyo-2020-channel-7-opening-ceremony-smashes-television-ratings-in-biggest-audience-of-the-year-ng-b881943516z
https://www.abc.net.au/news/2021-07-05/472-athletes-to-represent-australia-at-tokyo-olympics/100267350
https://www.abc.net.au/news/2021-06-21/japan-unveils-its-coronavirus-safe-olympic-village/100225266
https://www.smh.com.au/sport/swimming/smith-s-cold-lonely-swim-to-australia-s-first-medal-20210725-p58cog.html
https://www.abc.net.au/news/2021-07-31/the-best-week-in-australian-olympic-history/100339624
https://www.abc.net.au/news/2021-07-30/as-australia-celebrates-tokyo-olympics-draw-mixed-reactions/100337432
https://www.abc.net.au/news/2021-07-29/tokyo-olympics-covid-19-australian-athletics-team-in-the-clear/100334402

 

Profile

著者プロフィール
高尾康端

日本、スイス、シンガポール、アメリカで育ち、2004年からオーストラリアに移住。シドニー大学医学部を卒業。現在は東ブリスベンエリアHawthorne Clinicにて家庭医 (GP)として勤務。家庭医の観点からみる病気についての情報、また母国である日本と移住地オーストラリアの医療システムの違いや、オーストラリアで病気になった時に役立つ情報を発信している。

Twitter:@dryasutakao
Facebook:Dr Yasu Takao
ブログ:https://www.dryasutakao.com.au/blog

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ