ニュース速報

ワールド

オミクロン株、ファイザー製ワクチンの防護部分的に回避=南ア研究

2021年12月08日(水)14時18分

12月7日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」は、米ファイザーとビオンテックのワクチンが提供する防護機能を部分的に擦り抜けることができると、南アフリカのアフリカ・ヘルス研究所の研究者、アレックス・シガル氏が指摘した。写真はファイザー製ワクチン。ジュネーブで2月撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse)

[7日 ロイター] - 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」は、米ファイザー/ビオンテックのワクチンが提供する防護機能を部分的に擦り抜けることができると、南アフリカのアフリカ・ヘルス研究所の研究者、アレックス・シガル氏が7日に指摘した。

シガル氏はツイッターへの投稿で、新型コロナウイルスの従来型と比較して、オミクロン株では中和率が非常に大きく低下したと説明した。

同氏の研究室のウェブサイトに掲載された資料によると、同研究室ではファイザー/ビオンテックのワクチンを2回接種した12人の血液を検査した。この資料にある暫定データはまだ専門家によって検証されていない。

シガル氏はツイッターへの投稿で、確認された中和抗体の水準について、研究室で今後さらに実験を行った後、修正される可能性が高いとしている。

同氏の研究では、ワクチンを2回接種し、かつ過去に新型コロナに感染したことのある6人のうち5人の血液でオミクロン株が中和されたことも分かり、追加接種(ブースター接種)によって感染予防効果が高まる可能性が示された。

シガル氏はツイッターで「この結果は予想以上だ。抗体が多いほど、オミクロン株から守られる可能性が高い」と述べた。

南アではまだ追加接種が実施されていないため、同氏の研究室では追加接種を受けた人の血液は検査していないという。

今回の研究結果は、ワクチンが重症化や死亡を防ぐ効果が低くなることを意味するものではない。

オミクロン株はこれまで日本や米国を含む20カ国以上で感染が報告されている。世界保健機関(WHO)は11月26日にオミクロン株を「懸念すべき変異株」に指定したが、多くの変異部分を持つオミクロン株に的を絞った新型ワクチンが必要だという証拠はまだ見つかっていないとの見方を示している。

既存のワクチンがオミクロン株に対してどの程度有効性を維持するかを巡っては、まだ十分なデータは得られていない。ファイザー/ビオンテックを含むワクチンメーカー各社は数週間以内にも独自のデータを公表する見通し。

ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)は7日、NBCニュースで、オミクロン株に関するデータを8日か9日に明らかにする考えを示した。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

IMF、米中・世界の経済成長予測を下方修正 コロナ

ビジネス

再送-米J&J、22年コロナワクチン売上高35億ド

ビジネス

IMF、英22年成長率予測を4.7%に下方修正 2

ビジネス

IMF、22年の中南米成長率見通しを2.4%に下方

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 9

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 6

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 7

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 8

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中