ニュース速報

ワールド

再送EU・イラン・ロシア、明るい見通し示す 核合意再建協議再開で

2021年11月30日(火)06時20分

イラン核合意再建に向けた協議が29日、約5カ月ぶりに再開した。5月撮影(2021年 ロイター/Lisi Niesner)

(見出しの誤字を修正して再送します)

[ウィーン 29日 ロイター] - イラン核合意再建に向けた協議が29日、約5カ月ぶりに再開した。イラン側が強硬姿勢を堅持する一方、西側諸国がそのような姿勢では協議が進展しないと警告する中、欧州連合(EU)、イラン、ロシアの各交渉担当者は交渉打開に向け明るい見通しを示した。

核合意再建協議は4─6月にかけて6回開催された。7回目となる今回は1400GMT(日本時間午後11時00分)過ぎに正式に始まった。

核合意再建協議を仲介しているEUのエンリケ・モラ主席調整官は協議後、記者団に対し「きょう見たものについて非常に前向きに感じている」と指摘。新たなイラン代表団は全ての制裁を解除するという要求を堅持しているが、過去6回の協議内容を全面的に否定したわけではないとした。

ロシアのウリヤノフ在ウィーン国際機関常駐代表はツイッターで「極めて首尾よく開始された」と表明。核合意再建協議でイラン交渉団のトップを務めるアリ・バゲリ・カーニ氏は記者会見で楽観的かと問われ「その通りだ」と答えた。

ただ、このような楽観的な見方が正当化されるかどうかは不明だ。

欧州のある外交官はイラン側は時折、強硬姿勢を強めたとし、引き続き悲観的に見ていると指摘。西側諸国の外交官らはイランの交渉チームが提示している要求は非現実的だとした。

イランの関係者はロイターに対し「われわれの要求は明確であり、特に米国が核合意を再建させたいかどうかを決めるべきだ。米国が核合意から離脱したのだから、米国が核合意に戻り、全ての制裁を解除する必要がある」と語った。

イランのアミラブドラヒアン外相は協議再開直後の声明で、「米国は検証可能かつ効果的に全ての制裁を解除しなければ核合意再建に向けた道筋が閉ざされるという事実をいまだに正しく理解していない」と指摘。「米国が核合意に戻ったとしても、過去の苦い経験の再発を防ぐための保証がなければ意味がない」とした。

バゲリ・カーニ氏も、米国および西側諸国は将来的に新たな制裁を課さないという保証を提供すべきとし、「まずは違法かつ不当な米制裁を解消し、その次に他の問題を議論して決定するというイラン側の要求について、協議に参加した全ての当事国が受け入れた」と述べた。

バゲリ・カーニ氏のこの発言について、西側諸国からのコメントは現時点で得られていない。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、17日に発射したのは戦術誘導弾 標的に命中

ワールド

UAE首都で燃料トラック爆発、3人死亡 フーシ派が

ビジネス

カナダ企業、人材不足や賃金圧力の強まり指摘=中銀調

ビジネス

米副大統領、投票権保護へ上院は行動を キング牧師記

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中