ニュース速報

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推す理由

2021年09月18日(土)11時53分

 9月15日、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種(ブースター接種)を準備している米当局者らは、追加接種が重症化や死亡だけでなく、軽症の感染も防ぐことに期待している。ニューヨークで8月18日撮影(2021年 ロイター/David 'Dee' Delgado)

[シカゴ 15日 ロイター] - 新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種(ブースター接種)を準備している米当局者らは、追加接種が重症化や死亡だけでなく、軽症の感染も防ぐことに期待している。理論上、軽症者が減ればウイルスの感染も抑えられ、米国の回復が早まる可能性があるからだ。当局はこれまで、追加接種のこの目的についてはあまり明確に発言してこなかった。

バイデン米政権のファウチ首席医療顧問はロイターの電話インタビューで、「それが(追加接種の)一番の理由になってはいないが、実は非常に有益な副産物になるかもしれない」と述べた。

ファウチ氏は追加接種を進める主な理由について、ワクチン接種を完了した人が感染する「ブレークスルー感染」の増加傾向を反転させることだと述べた。この点については、多くの専門家が異議を唱えている。

入手可能なデータによると、重いブレークスルー感染の大半は、65歳以上か免疫不全の人々の間で起きている。後者のグループについては既に追加接種が推奨されている。

フレッド・ハチンソンがんセンターのウイルス学者、ラリー・コリー氏は、追加接種によって感染そのものを防ぐのに十分な水準まで抗体レベルを高めることを提唱している。コリー氏は米政府が支援するワクチン試験接種の監督に携わっている。

コリー氏は「感染しなければ他者にうつすことはなくなる。より有効にこの疫病を未然に防げるようになり、経済的な恩恵をもたらす」と述べた。

ただ多くの専門家は、追加接種が実際に感染と伝染を防ぐことを示す科学的根拠は乏しいと指摘している。

一部の政府研究によると、ワクチンの完全接種を終えた人でも、デルタ変異株に感染すると他者にウイルスをうつすことがある。うつるのはワクチン未接種の人々がほとんどだ。

ファウチ氏は「米国のエビデンスを見ると、感染、そして軽症・中等症を防ぐ効果が薄れつつあるのは非常に明らかだ」と述べた。

米国では、さまざまな母集団を対象とした調査でこうした現象が見られている。13の州および大都市で感染者60万人を対象に最近実施された調査もこの中に含まれる。「劇的な結果とは言えないにしても、十分なデータだ」とファウチ氏は言う。

<ゴールは何か>

米国では接種資格のある人々の約63%が2回目の接種を終えたが、デルタ株の出現により、未接種者の間で感染による死亡者が急増している。

米国で最も広く利用されているファイザーとビオンテックの共同開発ワクチンと、モデルナのワクチンは有効性が非常に高いが、デルタ株に対する有効性は従来株の場合に劣る。接種完了者の間でも感染者が増えており、中には重症化したり死亡したりするケースもある。

米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長、ファウチ氏、米政府の新型コロナウイルス対策調整官を務めるジェフ・ザイエンツ氏の3人は、ホワイトハウスで毎週行われている新型コロナについての説明会で、イスラエルのデータを引き合いに、ワクチンによる軽症予防効果の減退は、重症化、入院、死亡を防ぐ効果の低下につながりかねないとの懸念を示した。

追加接種プログラムを開始した、あるいは計画中のイスラエルや英国などの国々は、感染自体を減らすという目的をもっと率直に打ち出している。英国は50歳以上の人々などを対象に追加接種を計画している。

しかし米国ではウイルス学者らの大半が、重症化・入院を防ぐワクチンの効果が低下しているという説に納得していない。

世界保健機関(WHO)と米食品医薬品局(FDA)の科学者らは英医学誌ランセットに13日に掲載された論文で、より多くの科学的根拠が必要だとして一般の人々への3回目の追加接種に異を唱えた。感染の大半は、未接種者が広げたものだとも指摘している。

ペンシルベニア大学の感染症専門家、ポール・オフィット氏は「問題は、何がゴールかということだ。3回目の接種のゴールが重症化予防効果を高めることであるなら、その点が問題になっていることを示す科学的根拠は存在しない」と指摘。無症状の感染者と軽症者を減らすことを目的に、中和抗体のレベルを高めるのがゴールであれば、「そうしたデータを検証する必要がある」と述べた。

ウイルス学者のコリー氏は、ワクチンが感染拡大を防ぐことを証明するのはハードルが高いと言う。「今現在、(他者を感染させるのを防ぐ)証拠があるか。いや、無い。しかし(防ぐ)可能性と、それが有益かもしれないと信じる根拠には事欠かない」と述べた。

しかしファウチ氏は、イスラエルの追加接種開始後のデータを見ると、「実行再生産数」が低下し始めていると指摘する。実効再生産数は1人の感染者が何人に感染させるかを示すもので、集団全体の免疫が上がるほど低下する。

ファウチ氏は、追加接種は重症化と入院、死亡を防ぐ場合にだけ必要だ、というワクチン専門家の主張に当惑している。「入院に何か魔法や神秘でもあるのだろうか。理解できない。入院患者を減らすこと以外、一切関心がないと言いたいのだろうか。うそでしょう。ご冗談を」とファウチ氏は語った。

(Julie Steenhuysen記者)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

3M、通年利上げ見通し下げ 供給網の問題や商品価格

ビジネス

米大統領、4年ぶりにASEAN首脳会議に参加 中国

ビジネス

米新築住宅販売、9月は14%増の80万戸 半年ぶり

ワールド

中国主席、軍備と兵器開発の促進を呼び掛け=新華社

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中