ニュース速報

ビジネス

イーライリリー、通期利益予想を上方修正 コロナ抗体薬が販売増

2021年10月27日(水)00時11分

米医薬品大手イーライリリーは26日、2021年の通期利益予想を上方修正した。コア事業が堅調なほか、新型コロナウイルス抗体治療薬の販売が増加した。写真は3月5日撮影(2021年 ロイター/Mike Segar)

[26日 ロイター] - 米医薬品大手イーライリリーは26日、2021年の通期利益予想を上方修正した。コア事業が堅調なほか、新型コロナウイルス抗体治療薬の販売が増加した。

また、アルツハイマー病治療薬候補「ドナネマブ」の承認取得に必要なデータのリアルタイムレビューを開始したと発表した。

今年の調整後1株利益予想は7.95─8.05ドル。従来予想は7.80─8.00ドルだった。

コロナ抗体治療薬の21年の売上高は約13億ドルと想定。従来予想の10億─11億ドルから引き上げた。

コロナ抗体治療薬の第3・四半期の売上高は2億1700万ドル。第2・四半期は1億4900万ドルだった。

一方、第3・四半期の純利益は11億1000万ドル(1株当たり1.22ドル)と前年同期の12億1000万ドル(同1.33ドル)から8%減少した。研究開発費の増加が響いた。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:ゼロ・コロナ政策が蝕むキャセイ操縦士のメ

ワールド

アングル:中台どちらにつくか、ソロモン諸島で政府と

ビジネス

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え

ワールド

焦点:利下げに賭けるエルドアン大統領、インフレ進行

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    大暴落の足音

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 9

    大暴落の足音

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中