ニュース速報

ビジネス

米CB消費者信頼感、10月は予想に反し上昇 4カ月ぶり

2021年10月27日(水)03時46分

コンファレンス・ボード(CB)が26日に発表した10月の米消費者信頼感指数は113.8と、前月の109.8から予想に反し上昇した。写真は2011年9月撮影(2021年 ロイター/Jim Young)

[ワシントン 26日 ロイター] - コンファレンス・ボード(CB)が26日に発表した10月の米消費者信頼感指数は113.8と、前月の109.8から予想に反し上昇した。上昇は4カ月ぶり。高インフレを巡る懸念が労働市場の見通し改善によって相殺され、第4・四半期初めの経済成長回復を示唆した。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は108.3だった。

現況指数は147.4と、前月の144.3から上昇。期待指数も91.3と、86.7から上昇した。

消費者信頼感指数は6月に付けたピークの128.9をなお下回っているが、新型コロナウイルス感染件数の減少に歩調を合わせるように回復。FWDBONDS(ニューヨーク)のチーフエコノミスト、クリストファー・ラプキー氏は「波乱が見られた第3・四半期を経て、消費者信頼感は高まっており、力強い状態で年末を迎える公算が大きい」と述べた。

職が十分とみる向きと就職が困難とみる向きとの差は45と、21年ぶりの水準に拡大。ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スィート氏は「10月に雇用増が再び加速し、失業率が低下した可能性がある」としている。

1年先の期待インフレ率は7.0%。前月の6.5%から上昇し、13年ぶりの高水準を付けた。

<^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

U.S. consumer confidence unexpectedly rebounds in October

US CONSUMER EXPECTATIONS INDEX 91.3 IN OCT VS SEPT REVISED 86.7 (PREVIOUS 86.6) - CONFERENCE BOARD

WRAPUP 2-U.S. consumer confidence rebounds; house price growth likely peaked

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^>

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国社会科学院、22年の成長率目標「5%超」を政府

ビジネス

財政主導で物価2%、インフレ率で規模調整=西田・自

ビジネス

焦点:滴滴出行が米上場廃止へ、中国勢IPOは一層冷

ワールド

ソロモン諸島、首相不信任案を否決 首相は抗議デモ批

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中