ニュース速報

ビジネス

新生銀が防衛策、SBIは即座にけん制 激化する買収の攻防

2021年09月17日(金)20時43分

SBIホールディングスが株式公開買い付け(TOB)を進める新生銀行は17日、取締役会で買収防衛策の導入を決議したと発表した。資料写真、2010年10月撮影(2021年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 17日 ロイター] - 新生銀行は17日の取締役会で、SBIホールディングスが進める同行への株式公開買い付け(TOB)に対抗する買収防衛策の導入を決議した。一方、SBIは防衛策の差し止めを求める仮処分の申し立てを検討すると即座に発表。「第4のメガバンク構想」の実現を目指すSBIと、名門・日本長期信用銀行を前身とする新生銀の対立は激しさを増してきた。

<TOBへの賛否は留保>

新生銀が導入する防衛策は、既存株主に新株予約権を無償で割り当てる内容。同行が予約権を強制取得する際に、一般株主には普通株を、大量買い付け者であるSBIには一定の行使制限が付いた新株予約権を交付する。SBIの株式保有比率は相対的に低下する。

新生銀はTOBへの賛否については留保した。「現時点で反対ということでは決してない。中立的だが、判断する材料がない」としている。SBIに質問状を送付し、同行が抱える公的資金をどう返済する計画なのか、「第4のメガバンク構想」に同行をどう位置付けるのかなどを評価した上で最終判断する。評価期間は30日程度で、必要なら最長30日間延長するとしている。

さらに10月25日までのTOB期間を延長し、12月8日までとするようSBIに要請することも決めた。防衛策の発動には臨時株主総会を開いて承認を得る必要があるが、SBIが9月30日正午までにTOB期間を延長した訂正届出書を提出しない場合は、既存株主に対する新株予約権の割り当てを実施する。

取締役会でTOBに反対し、買収防衛策の発動を決めた場合、新生銀は臨時株主総会を開催し株主の意思を確認する。臨時株主総会の招集と新株予約権の無償割当ての基準日は、10月13日に設定した。

<ホワイトナイトに支援打診>

SBIは新生銀の発表から約2時間後、買収防衛策に基づく新株予約権の無償割当の差し止めを求める仮処分の申し立てを検討するとのリリースを出した。同行取締役の善管注意義務違反を問う法的措置も検討するとしている。

また、TOBの成否に関わらず、取締役選任議案などを提案する可能性もあるとした。TOB成立後の経営体制については、五味廣文・元金融庁長官を会長に起用する方針をすでに公表している。

SBIは新生銀がTOB期間の延長を要請したことについて、「無益に時間稼ぎを行うに過ぎない、新生銀株主の利益を著しく損なうものであると受け止めざるを得ず、大変遺憾に思う」と指摘した。

SBIは9月10日に新生銀株のTOBを開始。1株2000円で買い付け、約2割の保有比率を最大48%まで高めて連結子会社化を目指している。

新生銀の対応策を巡っては、友好的な買収者(ホワイトナイト)として複数の陣営にも支援を打診していることがわかっている。ただ、1株2000円を上回る価値を提示する候補者を見つける必要があるため、「現れる可能性は低い」(事情を知る関係者)との見方もある。

(新田裕貴、石田仁志 編集:久保信博)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

3M、通年利上げ見通し下げ 供給網の問題や商品価格

ビジネス

米大統領、4年ぶりにASEAN首脳会議に参加 中国

ビジネス

米新築住宅販売、9月は14%増の80万戸 半年ぶり

ワールド

中国主席、軍備と兵器開発の促進を呼び掛け=新華社

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中