World Voice

powerd_by_nw

南米街角クラブ

島田愛加|ブラジル/ペルー

ワクチン接種して私は半分だけワニになった

Instagramにてワクチン接種を報告するブラジル国民(ハッシュタグ#vivaosusをつけた投稿の画像キャプチャ)

ブラジルの首都はブラジリアであるが、経済の中心は南米最大の都市サンパウロである。
その名の通り、サンパウロ市内で暮らすのは東京の都心で暮らすようなものだが、せわしない中にもブラジルの良いところがつまっていて(もちろん悪いところも)、この街をとても気に入っている。

これまでの記事で何度も書いているが、国のトップである大統領がワクチン接種に反対だということはご存じだろうか。
大統領の息子で上院議員のフラビオ氏は「父はこの国で一番最後にワクチンを接種するブラジル人となるでしょう。」と、未だに接種するつもりがない様子をインタビューで話している。
一方で、南米最大都市の底力を発揮させるべくワクチン接種に燃えているのはサンパウロ州知事のドリア氏だ。

|サンパウロ州のワクチン接種システム

ブラジルに関するコロナウイルスのニュースは悲劇的なものが取り上げられるばかりだが、私的にこのサンパウロ州のワクチン接種は良いニュースとしてもっと取り上げられてほしいと思う。
以下、サンパウロ州のワクチン接種についてまとめてみた。

・年齢別にスケジュールが事前に発表されている(市町村によって異なる)
・職業別の優先接種(医療/教育/公共交通機関従事者など)
・基礎疾患のある人への優先接種
・路上生活者への優先接種
・スマホやパソコンを利用しサイトにて事前予約できる(郵送による接種券など無し)
・ドライブスルー接種ができる(予約必要なし)
・会場にてワクチンが余った場合、その場にいる希望者は接種できる(希望者の中から年齢や職業を考慮し順番を決める)
・国籍は問わない
・無料

ちなみに、年齢別のスケジュールはここ数ヶ月常に前倒しされており、サンパウロ市内では8月初旬に25歳以上の居住者が接種できる予定だ。
また、オフィシャルサイトが非常にわかりやすく整理されているのには驚いた。
サイトにアクセスすると一目で州内の接種率とこれまでの合計接種回数を見ることができる。

vacinasp.png
サンパウロ州政府の公式サイト(2021/07/26時点での画面キャプチャ)

7月26日時点で一回目の接種を終えた州内18歳以上人口の割合が75.04パーセント、二回目の接種(一回の接種で済むワクチンも含む)を終えた州内全人口の割合は20.44パーセント。
仮予約をするページには、接種会場にて食品や生活品等の寄付の受付をしていることも掲載。
こういった配慮や明確な情報共有に、個人的には「やるじゃん!サンパウロ!」と言いたい。
このようにサンパウロ州のワクチン接種は順調にも思えるが、とある一つの問題が浮上している。

|中国開発ワクチンコロナバックは"はずれくじ"なのか

サンパウロ州で取り扱っているワクチンはコロナバックとアストラゼネカ、もしくはファイザー、ヤンセンで、接種者はワクチンメーカーを選ぶことはできず、会場にて接種直前に知らされる。
生産国への偏見(主に中国)や変異株への効用、副作用などを理由にワクチン選びをする人たちが増え始めており、これに対して、いくつかの市町村では当日会場にてワクチンのメーカーを理由に接種拒否した場合、年齢別接種スケジュールの一番最後まで接種権利なしとすると発表した。

私の友人の半数以上はコロナバックを接種している。
日本では馴染みのないコロナバック(表記はCoronavac、現地ではコロナヴァーキという発音に近い)とは、中国のシノバックが開発した不活化ワクチンで、サンパウロ市のブタンタン研究所でも製造。ネット上ではドリア州知事の推しであることから"ドリアのワクチン"とも呼ばれている。
コロナバックは副作用が少ないが感染に対する有効率は約50%程度と言われており、「コロナバックの副作用はコロナに感染すること」なんて厳しい冗談を言う人もいるぐらいだ。
しかし、コロナバックは重症化を防ぐことができ、死亡に関しては100%近い有効率があると言われている。
問題は一回の接種だけでは殆ど効用がない事と、高齢者への有効率が下がること、そして何より感染に関して他社のワクチンより"劣っている"と思われることだ。

|ワクチンメーカーによって渡航に影響あり?

ただしワクチンを選びたいという理由は、個人的な事情だけではない。
"コロナバックの有効性を認めない国に入国できない"といったニュースが発表され、出張や旅行を待ちわびている一部の人々から懸念の声があがっている。
ブラジルと日本を飛行機で往復する際にどこかしらの国を経由しなければならない我々日本人にとって、今の状況で飛行機に乗ることは既にリスキーなのに、また頭が痛くなる問題が一つ増えてしまった。

私もコロナバックのワクチンを接種した。
一時帰国を考えると頭が痛いが、ここまで感染せずに無事に接種できて良かったと思いたい。
あとは感染防止率の高いワクチンを接種した人たちと共に、集団免疫を獲得する時がくるのを祈るしかない。

余談かもしれないが、ワクチン接種をする際にメーカーの希望があるかどうかブラジル人の友人約100人に聞いてみた所、

希望無し 89%
もし選べるならば選びたい 11%

となった。理由は様々だが、あくまでも内輪の統計なので参考程度に見てほしい。

Profile

著者プロフィール
島田愛加

音楽家。ボサノヴァに心奪われ2014年よりサンパウロ州在住。同州立タトゥイ音楽院ブラジル音楽/Jazz科卒業。在学中に出会った南米各国からの留学生の影響で、今ではすっかり南米の虜に。ブラジルを中心に街角で起こっている出来事をありのままにお伝えします。2020年1月から11月までプロジェクトのためペルー共和国の首都リマに滞在。

Webサイト:http://www.aikashimada.com

Twitter: @aika_shimada

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ