World Voice

powerd_by_nw

スタートアップ超大国 インド~ベンガルールからの現地ブログ~

永田賢|インド

コロナ第二波に伴うベンガルールでのロックダウン発動

iStock

CNN,BBC,NYT,AFPBBといった海外メディアでインドのコロナ第二波の惨状が伝えられています。

デリー、ムンバイ、ベンガルールではロックダウンが発令され、エッセンシャル(医療・食品)買い出し以外の外出は禁止されています。

今回はロックダウンの概要と近況をご案内します。

1.ベンガルールでのロックダウン法令内容

以下がベンガルールでのロックダウン内容となっております。(私も今この記事を家から書いています。)

1 カルナータカ州政府は、州内における新型コロナウイルス感染症の急激な感染拡大を受けて、4月27日午後9時から5月12日午前6時までの間、終日外出禁止とする決定をしました。主な点は以下のとおりです。
(1) 終日の原則的外出禁止
(2) メトロ、タクシー等の運航停止
(3) ショッピングモール、ジム、映画館等娯楽施設の閉鎖
(4) レストラン等における店内飲食(持ち帰り、宅配は可)

2 なお上記外出禁止時間におきましても、以下の活動は認められています。
(1)医療及び緊急のサービス
(2)患者及びその付き添い者による緊急治療のための病院来院(ワクチン接種を含む)
(3)生活に不可欠なサービス及び生活に必要な物資の輸送(空の車両、宅配、電子商取引を含む)
(4)電車、航空機による長距離の移動(鉄道駅、空港への移動については、渡航文書(パスポート)及びチケットの提示により認められる)
(5)午前6時から午前10時の食料品店等の営業

引用元:外務省 海外安全ホームページ|カルナータカ州における終日外出禁止措置 (mofa.go.jp)

2.各種報道機関のリンク

こちらは海外系の報道となりますが、リンクを見るに、デリー首都圏での状況と推察できます。

医療用酸素、火葬場、病床の不足が報道され、「深刻な状況」と報じられていることが分かります。

'This Is a Catastrophe.' In India, Illness Is Everywhere. - The New York Times (nytimes.com)

India Covid: Delhi seeks more cremation space as deaths rise - BBC News

India Covid deaths: Crematoriums overflow with victims, with pyres burning through the night - CNN

インドの惨状「どこでも起こり得る」 WHOが警告 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News

3.インドにおけるコロナ統計

以下が、1日ごとの要請患者数、累計回復者数、累計死者数となっています。

その下にワクチンの接種人数があり、1億人を越えていることがわかります。

(画像引用元:インド保健省、MoHFW | Home

以下は日別の新規感染者数と累計死亡者数を出した棒グラフですが、4月に入って加速度的に増加していることが読み取れます。

Googleより引用)

こちらは世界比較での表となりますが、アメリカ合衆国に次いで世界第二位の水準となっています。

(画像引用元:COVID Live Update: 151,214,432 Cases and 3,181,743 Deaths from the Coronavirus - Worldometer (worldometers.info)

4.ロックダウン前後の状況

私が住んでいるベンガルールの状況ですが、私の身の回りに限って言えば、デリーの報道と比べて酷くはないのかなと感じております。

こちらはロックダウン直前の写真ですが、生活必需品や薬局のお店へ人々が殺到することもなく、去年のようなパニックも見受けられませんでした。

1619784252963.jpg

1619784252939.jpg

(ベンガルール街並み、筆者撮影)

AMAZON Freshの生活必需品配送サービスもスロットはやや混んでいますが、「物はありません!」という状態ではないです。

[AMAZON画面]

(AMAZON Freshオーダー画面より引用、筆者撮影)

ベンガルールでのロックダウンは5月12日までとされていますが、油断を許さない状態は続いています。

以下はカルナータカ州の統計となりますが、4月に入って急上昇しています。

Coronavirus Outbreak in Karnataka - covid19india.orgより引用)

こちらは各州の状況となっていますが、マハラーシュトラ州を筆頭にベンガルールの所属するカルナータカ州も上位にランキングしております。

[各州の状況]

Coronavirus Outbreak in India - covid19india.orgより引用)

現状としては、12日まででどうなるかというところではありますが、

1) 出稼ぎ労働者の都市部から田舎への流入

2) 地方選挙でのウイルス拡散

3) 祭事でのウイルス拡散

といった要因でどこまで拡大するのか、または去年のような全土ロックダウンがくるかどうか気になるところです。

引き続き現地から安全第一でレポートしていきます!

 

Profile

著者プロフィール
永田賢

Sagri Bengaluru Private Limited, Chief Strategy Officer。 大学卒業後、保険会社、人材系ベンチャー、実家の介護事業とキャリアを重ね、2017年7月に、海外でのタフなキャリアパスを求めてYusen Logistics India Pvt. Ltdのベンガルール支店に現地採用社員として着任。 現地での日系企業営業の傍ら、ベンガルールを中心としたスタートアップに魅せられ独自にネットワークを構築。2019年4月から日系アグリテックのSAgri株式会社インド法人立ち上げに参画、2度目のベンガルール赴任中。

Linkedin: https://www.linkedin.com/in/satoshi-nagata-42177948/

Twitter: @osada_ken

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ