World Voice

powerd_by_nw

England Swings!

ラッシャー貴子|イギリス

ロンドンに現れたライオンを追いかける

ロンドンに展示された27体のうち、ピカデリー通り沿いのセント・ジェームズ教会の前に置かれた3点のライオン像のうちのひとつ。この日見た中では、これがいちばん好きだった。天使のような青い羽に黄金のたてがみ、顔にはピンクで繊細な表情が描かれていて、腕にはEverything in the universe is within you.(「森羅万象、すべてあなたの中にある」という意味)のメッセージ。筆者撮影

 先日、久しぶりにロンドンの中心部に行く機会があった。いつもなら夏には観光客がにぎやかに歩きまわるピカデリー周辺だが、海外からの旅行客がほとんどいない今年は、夏休みでロンドンの外からやってきたらしい人が少しいた程度。いつ行っても混んでいる高級食料品店フォートナム&メイソン(日本でも紅茶で有名ですね)でさえ、静かなものだった。

 その代わりというわけではないけれど、この日はカラフルなライオンの姿がいくつも目に飛び込んできた。どれも体が色鮮やかに塗られて、街を華やかに彩っている。

 調べてみると、これは8月10日からロンドンを中心に始まったタスク・ライオン・トレイル(Tusk Lion Trail 2021)という慈善イベントだった。ロンドンの中心部に置かれたライオン像は27点。しなやかで威厳あるライオンの動きが表現された像自体は同じ形で、そこに著名なアーティスト、ミュージシャン、スポーツ選手がそれぞれの思いを込めてさまざまな色や模様をペイントしたものだ。

ライオン - 2.jpeg

コメディーグループ、モンティー・パイソンのジョン・クリーズがデザインしたライオン。このライオンは他と違って魚をくわえているが、これは4人めの今の奥さんを表しているのだそう。トラファルガー広場近くにあります。筆者撮影

 かつてアフリカや一部のアジア、ヨーロッパを優雅にのし歩いていた百獣の王ライオン。だが、この25年間で野生ライオンの数は50%も減少しているそうだ。そこでこの危機を広く知ってもらい、野生動物保護の資金とパンデミックに苦しむアフリカ全体への支援金を集めようというのがこの慈善イベントだ。ライオンたちは主に観光名所の周辺に現れているので、像を追って歩くとついでにロンドン観光もできてしまう。わたしもこの日、一気に15点を見て回った。

 それぞれに個性的な柄やメッセージをまとったライオンたちは、路上や広場にぽんと設置されているので、見ること自体は無料だ。ただ、これを見て事情を知り、協力する気持ちになったら、サイトから誰でも寄付をすることができる。またこのライオン像は展示後にアート作品としてオークションで売却されるので、その収益の全額もアフリカを代表する動物の保護団体に寄付される。

 このイベントはロンドンだけでなく、世界中で同時に開かれているそうだ。ライオン像は全部で47点。展示の数はロンドンが圧倒的に多いが、ほかにも英国内のブリストルとエディンバラをはじめ、アメリカのハンプトン、ニュージーランド、ケニア、オーストラリアでライオンを見ることができる。イベントのサイトには、各地に展示されたそれぞれのライオンの詳細やアップの写真、設置場所の地図も掲載されている(ロンドン版はこちら)。ロンドンでの展示は9月24日まで。

ライオンtate - 1.jpeg

ピカデリー・サーカスでエロスの像に向かって立つライオン。作者はローリング・ストーンズのロニー・ウッドだ。ふだんは階段が人で埋め尽くされるエロス像も今はずいぶん空いていて少し寂しい。ちなみにピカデリー・サーカスは5本の道路が交わる円形の交差点の名前であって、ピエロや動物がいるサーカスではない。これまでに何度か観光客に「それで、サーカスはどこ?」と聞かれて、がっかりさせてしまったことがある。ほんに英語はややこしい。真実を告げる方も心が痛むのです。筆者撮影

Profile

著者プロフィール
ラッシャー貴子

ロンドン在住15年目の英語翻訳者、英国旅行ライター。共訳書『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』、訳書『Why on Earth アイスランド縦断記』、翻訳協力『アメリカの大学生が学んでいる伝え方の教科書』、『英語はもっとイディオムで話そう』など。違う文化や人の暮らしに興味あり。世界中から人が集まるコスモポリタンなロンドンの風景や出会った人たち、英国らしさ、日本人として考えることなどを綴ります。

ブログ:ロンドン 2人暮らし

Twitter:@lonlonsmile

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ