World Voice

powerd_by_nw

England Swings!

ラッシャー貴子|イギリス

サッカーEURO2020での3つの問題と、そこに見た希望

iStock-Tero Vesalainen

 前回はサッカーEURO2020で決勝に進出して熱狂したイングランドの話だった。コロナ禍に明るい話題がもたらされて嬉しい日々だったけれど、残念ながら話はそこで終わらない。今回はこの大会から見えたコロナ対策、ファンの問題行動、人種差別的な中傷の3つの問題と、そこに見た希望をお伝えする。

観客を入れてコロナ感染は拡大したか

 この時期、まず気になるのがコロナ対策だ。会場のひとつになったロンドンのウェンブリー・スタジアムでは、大型イベント再開の実験として当初は25,000人、準決勝以降は6万人の観客を入れて試合を行った(最大収容数は9万人)。入場の条件としてコロナの陰性証明かワクチン証明の提示が求められたが、試合中はマスクもソーシャルディスタンスもなし。ところがこの陰性証明、PCR検査ではなくて簡易検査の結果でよかったのだ。NHS(国民保健サービス)が無料で配る簡易検査は自宅でできて手軽だが、やはり素人が検体を取るのでPCR検査に比べたら精度が低い(簡易検査の記事はこちら)。それに完全に自己申告制なので、その気になれば陽性の結果を隠すこともできる。

 そんなあやふやな状態でスタジアムに入って、あの熱い応援っぷりだ。席に余裕があるはずなのに、特にイングランド側には人がぎっしりで、肩を組んで大声で応援したり、点が入れば抱き合ったり。日本では「ワクチンが進んでいると、もうあんなことができるのか」という声があったらしいが、いやいや、国内でもテレビを観てぞっとしていた。確かに英国のワクチン完了率は成人のほぼ70%だが、ワクチンは主に重症化を抑えるのであって、打った後でも感染はするのだし。

 スタジアムでは証明が求められるからまだしも、近所のパブに入るのに証明はいらない。家族や友人で集まった人もいるだろう。本来なら室内で同席できるのは6人までだったはずなのに、いつの間にか店内で全員一緒に応援している様子を見て、これまたはらはらした。今大会での合言葉だったFootball's coming home!(優勝するぞ!)をもじって、Covid is coming home(勝つのはコロナだ)、Wembley variant(ウェンブリー株)というブラックジョークも囁かれた。

ロイターのYouTube記事より。スタジアムやパブで観戦するファンの姿を動画でどうぞ。記事自体は、観客を入れた試合は感染が拡大する危険を孕んでいるという専門家の意見を伝えるもの。

 実験結果の一部として、6月の対スコットランド戦で観戦やイベントに参加したスコットランド在住者のうち、1991人が感染したことがわかっている。他にも感染源はあるのでサッカー観戦との明らかな関連はないと言うけれど、そうなのかなあ。この時は入場券を持っていないファンが数万人もスコットランドから押し寄せて、ロンドン市内のあちこちで大騒ぎしたのだ。しかも感染者のうち9割が男性で、3分の2はロンドンに移動していたと聞くと、サッカー観たからじゃないの? とどうしても思ってしまうのだけど。

 英国全体では大会中からデルタ株が猛威をふるっており、特に決勝後の1週間は1日の感染者数が連日5万人を超え、重症患者も増えていた。現在は3万人台に下がっているので、サッカーがらみの感染が落ち着いたのでは、という見方も出ている。イングランドでは7月19日にコロナ規制がほぼ取り払われて、法律上はマスクの着用義務もなくなった。ところがそのすぐ翌日に、大型イベントでのワクチン証明義務化を検討することが発表されたのだ。まだまだ油断できない。

浮かれたファンの問題行動

 熱烈なサッカーファンは、試合の前後に酒を飲んで騒ぐのがお決まりのようになっている。もちろん大会中もこれは同じで、イングランドが勝ち進むにしたがって、騒ぎはエスカレートしていった。夜な夜な(時には昼間から)パブや路上でのトラブルが続出。街の中心部に住む友人は雄叫びの声で眠れなかったそうだし、若者が集まるエリアで働く知人は、酔っ払いが怖くて職場に近寄りたくない、イングランド早く負けて、とまで言っていた。

Profile

著者プロフィール
ラッシャー貴子

ロンドン在住15年目の英語翻訳者、英国旅行ライター。共訳書『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』、訳書『Why on Earth アイスランド縦断記』、翻訳協力『アメリカの大学生が学んでいる伝え方の教科書』、『英語はもっとイディオムで話そう』など。違う文化や人の暮らしに興味あり。世界中から人が集まるコスモポリタンなロンドンの風景や出会った人たち、英国らしさ、日本人として考えることなどを綴ります。

ブログ:ロンドン 2人暮らし

Twitter:@lonlonsmile

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ