コラム

バイデン政権初の連邦レベル選挙、米テキサス州の下院補選が象徴する共和党の実相

2021年04月28日(水)16時45分
トランプ元大統領

補欠選挙の推薦もトランプ元大統領らしい行動原理に基づくものだった...... REUTERS/Carlo Allegri

<バイデン政権下で行われる初の連邦レベル選挙となるテキサス州連邦下院第6区の補欠選挙では、共和党の現状が浮き彫りとなっている......>

ドナルド・トランプ元大統領がテキサス州連邦下院第6区補欠選挙においてスーザン・ライト女史への推薦を行った。ライト女史は補欠選挙の原因となったコロナで亡くなられた故ロン・ライト下院議員の妻である。

タラント郡の南西部、エリス郡、ナバロ郡を含む選挙区の連邦下院の空席を埋める当該補欠選挙は、バイデン政権下で行われる初の連邦レベル選挙としても注目されている。

共和党内の三つ巴状況を象徴する3人の有力候補

3月3日の締め切りに11人の共和党員と10人の民主党員を含む23人の候補者が立候補を申請する大混戦となってはいるものの、2か月間のレースの早い段階から、共和党スーザン・ライトは同選挙で優勢である共和党内の最有力候補と見なされてきた。

故ロン・ライト議員は保守派フリーダムコーカスのメンバーであり、活動資金面で保守派資金提供団体であるクラブ・フォー・グロースに依存してきた人物だ。当然、スーザン・ライト女史もその政治的遺産を引き継ぐ人物である。地域の政界有力者もライトを推しているが、草の根的な広がりに欠けるため、個人献金の集まりは良好とは言えない。

一方、共和党内の主要ライバルは州議会議員のジェイク・エルゼイ氏、保健福祉省の元首席補佐官ブライアン・ハリソン氏の2名が挙げられる。

エルゼイ氏は2018年に故ライト議員と予備選挙で激戦を繰り広げた人物で、テッド・クルーズ上院議員ら保守派の一部から反トランプ系の候補者として強烈な攻撃に晒されている。彼はリック・ペリー元テキサス州知事からの推薦を盾として、それらの批判に対抗しており、同氏を支持する人々からも多額の個人献金も集めている状況だ。

ハリソン氏もトランプ元大統領との繋がりを匂わせながら、37歳の若さも相まって多額の個人献金を集めることに成功してきた。トランプ政権下での政府関係者による支持リストを公表し、自らの正当性を高める作業をしてきた。その他の候補者としてはトランプ元大統領との縁を主張するプロレスラーのロディマー氏なども存在している。

保守派であるライト、主流派系であるエルゼイ、トランプ系であるハリソンという3人の候補者の存在は、共和党内に存在する三つ巴状況を象徴するものだと言えるだろう。選挙区によって各勢力間のバランスは異なるだろうが、今後も共和党内の予備選挙で同じ構図が作られていくと見るのが妥当だろう。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

ニュース速報

ワールド

G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ

ワールド

東京五輪、G7全首脳が開催支持と菅首相 

ワールド

G7、大規模景気支援「必要な限り」継続 過去の過ち

ワールド

G7声明、途上国の温暖化対策に拠出増額 具体策は盛

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中