コラム

黒人のアイデンティティーを隠し、有名な「モルガン・ライブラリー」設立の陰の立役者になった実在の女性司書

2021年10月13日(水)19時30分

それらの葛藤がなかったとは言えない。だが、同じく白人として生きているベラのきょうだいは結婚して子どもも生んでいるのだから、ベラだけが生まれてくる子どもの肌の色を心配して結婚できなかったというのは納得できない。ベラの本当のアイデンティティーが暴露されたら家族のアイデンティティーもバレてしまうというのなら、その逆もあるはずだ。小説ではそのあたりの説明がない。

また、人種的アイデンティティーを隠し、女性として男性以上に成功を収めたベラは、平均的な女性のような考え方はしなかったと思うのだ。恋愛観にしてもそうだ。普通の人がくよくよ悩むようなことに時間を費やしていたら、あれほどの成功は不可能だったと思う。

私はこの小説を胸踊らせながら手にとったのだが、正直に言うと、期待はずれだった。

共著者たちが描いたベラには、あの時代に差別を乗り越えてあれだけのパワーを掴んだ女性としてのカリスマ性や説得力が感じられない。ルネッサンス時代の美術史の専門家として著名なバーナード・ベレンソン(既婚者)との長年に渡る恋愛は記録にも残っているが、ベラがこの小説で描かれているようなナイーブな女性だったとは私には思えない。この恋愛に関するベラの心情や言動には同じ女性としてがっかりしたし、本当のベラに対して失礼だと感じた。

結婚は望んでいなかったのでは?

「世界最高級のライブラリーを作る」という自分のレガシーを達成すること以外は、ベラにとってさほど重要ではなかったのだと私は想像する。結婚しなかった理由も子どもの肌の色を心配したのではなく、夫や子どもの世話をしなければならない結婚そのものを避けたかったのではないか。いろいろと婚外恋愛をしているベレンソンとのゆるい恋愛関係を長く続けたのも、結婚や拘束を求められない知的な関係だから気楽だったのではないか。そもそも、「仕事が最も大切であり、恋愛はその気晴らしに楽しむ程度にしか重要ではない」という男性は沢山いるのだから、そういう女性がいても不思議はない。J. P.モルガンの死後にジャーナリストが「愛人だったのか?」と尋ねたときに「We tried!(試みたけどね!)」とベラが応えたのも、彼女の豪快であっさりした性格を示すエピソードではないかと思っている。

私が読みたかったのは、そういう豪快な人物だ。

共著者らは現在の女性読者が同情し、好感を抱き、感情移入できる女性主人公としてベラを設定したのかもしれない。でも、それは超人的な達成をしたベラという人物に対する侮辱ではないだろうか?

ベラという稀有な女性を世に知らしめることには貢献してくれたが、いろいろな意味で私にとっては残念な作品だった。


プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

FRB、3月利上げの可能性示唆 インフレ対応へ転換

ワールド

米、安全保障巡りロシアに文書で回答 国務長官「真剣

ワールド

米最高裁リベラル派のブライヤー判事退任へ=報道

ビジネス

WTO、中国による対米相殺関税を承認 米は非難

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 2

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 3

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 4

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 5

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台20…

  • 6

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 7

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 8

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 9

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 10

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中