コラム

バイデン大統領就任式で融和を訴えた22歳の女性詩人アマンダ・ゴーマン

2021年01月21日(木)17時00分

「We've seen a force that would shatter our nation rather than share it/Would destroy our country if it meant delaying democracy./And this effort very nearly succeeded」と一部の人々が自分たちとは異なる人々と国を分かち合うかわりに破壊しようとした1月6日の出来事に触れたが、「But while democracy can be periodically delayed, It can never be permanently defeated.(民主主義は繰り返し引き戻されることがあるかもしれないけれど、永久に打ち砕かれることはない)」「In this truth, in this faith, we trust.(この事実、この信念を、私たちは信頼する)」と、批判や中傷には繋げなかった。

「腕を広げて互いを受け入れるために、武器を捨てる(We lay down our arms so we can reach out our arms to one another)」というメッセージも、すべての政治的立場の人に通じるものだ。

そして、次の締めくくりの部分も、バイデンのスピーチと一致するポジティブなものだった。


There is always light.(光はいつも存在する)
Only if we are brave enough to see it.(私たちにそれを見る勇気さえあれば)
There is always light.(光はいつも存在する)
Only if we are brave enough to be it.(私たちが光になる勇気さえあれば)

就任式が始まる前のワシントンは曇り空で雪がちらついていたのだが、ゴーマンが現れたときには青空になっていた。真っ赤なヘッドバンドに黄色いコートを身に着けたゴーマンが太陽の光を浴びて朗読する詩は、聞いている者にアメリカの明るい未来の希望を与えてくれた。

20210928issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月28日号(9月22日発売)は「予防医療の時代」特集。「治す」から「防ぐ」へ――ゲノム検診で異常検知し、マイクロRNA解析が癌を超早期に発見。極小ナノマシンが細胞診断する日も近い


プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

ニュース速報

ワールド

インド国営生保大手のIPO、中国からの投資を阻止か

ビジネス

金融庁、みずほに業務改善命令 システム運営の監督強

ビジネス

南欧の銀行は気候変動に脆弱、融資先にリスク=ECB

ワールド

タイ、外国人観光客の受け入れを11月に延期 バンコ

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 3

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 4

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 5

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 6

    中国版リーマン・ショック、「恒大」破綻危機で世界…

  • 7

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 8

    米GMと韓国LG、相次ぐEVバッテリー発火事故で「仮面夫…

  • 9

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 10

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 7

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 8

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 9

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 10

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 7

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 8

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中