コラム

日本の就職活動は不自由すぎる!「早く内定を」の重圧から学生を救え

2021年10月22日(金)12時25分
西村カリン
就職活動

TAGSTOCK1-iStock

<就活のスケジュールやルールを経団連や政府に決められた方が安心という声もあるが、それと引き換えに学生に過度なストレスがかかるリスクもある>

「就活」「就職内定」「内々定」「就職内定率」。私は初めてこういった表現を聞いた時、すぐには意味が分からなかった。理由は簡単。母国であるフランスでは、同じような就職活動の流れがないからだ。

もちろんフランスでも大学生はいつか勤め先を探すけれど、日本とは違うプロセスでもっと自由に就活する。企業も自社の都合に合わせて、必要なときに1人ずつ採用する。それで不安を感じる学生もいるが、自分のペースでできると思う学生は多い。文化の違いだが、日本ではルールがあり過ぎるのではないかと思う。スケジュールも「3月に説明会解禁」「6月に採用面接などの選考解禁」というように、全てが細かく決まっているようだ。

最近まで、代表的な就活スケジュールは経団連から発表されていた。なぜなのかと、違和感を覚える日本人もいる。2018年に経団連の中西宏明会長(当時)は記者会見で、21年春入社分からのスケジュールやルールを廃止する考えを示した。本人自身がこういったルールは時代錯誤だと思っていたから、その提案をしたのだろう。

「学生のことなど全てを経団連が采配しているわけではない。それなのに、いいの悪いのと批判を浴びる。終身雇用など基本的なところが成り立たなくなっている。一斉にやることもおかしな話だ」と、彼は説明した。

若いうちにリスクを取らないでいつ取る?

とても良い判断ではないかと私は思ったが、驚いたことに、世の中に大きな混乱を招くという指摘がされた。そうしたスケジュールに従わない採用活動を行う企業は増加傾向にあるけれども、学生たちはなぜか決まったスケジュールがあるほうが安心するようだ。

従ってプロセスにはあまり変更がなく、経団連の代わりに政府が就活ルールを決定するようになった。新型コロナウイルスのパンデミックで採用活動を延期した企業は多いが、考え方やアプローチは同じだ。日本の若者が「安定した形」を求めることにもいつも驚かされる。若いうちにリスクを取らなければいつ取るのかと私は思うが、やはり日本の社会ではリスクを取る者は高く評価されないから、彼らは決まった道を歩くことを選びがちだ。

良い点は、フランスに比べて日本での就職率が非常に高いこと。フランスでは新卒一括採用のシステムがないので、卒業してから本格的に就活をする若者が多い。例えば19年に卒業した大学生の場合、一般的な基準とされる1年後の就職率は69%にすぎない。新型コロナウイルスの影響で前年に比べて16ポイント下がった。しかも69%の人々のうち、半分近くは非正規だ。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ESG関連ファンド、30年度までに2─3兆円に=り

ワールド

次のパンデミック、致死性コロナ以上の恐れ=オックス

ビジネス

22年の中国経済、妥当な範囲内に維持=共産党中央政

ワールド

日本の警察に人種プロファイリングの疑い、米大使館が

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中