コラム

新しい日本語「やばいンデ」は定着する? それとも「サランパン」に?

2021年09月10日(金)17時41分
トニー・ラズロ
横浜

日本人と外国商人らが行き交う開港された頃の横浜 SEPIA TIMESーUNIVERSAL IMAGES GROUP/GETTY IMAGES

<外来語に由来する「新しい日本語」は古くから存在するが、今では通じないすたれてしまった言葉も少なくない>

本来「危険」や「不都合」を表す言葉、「やばい」。ずいぶん前から「楽しい」「面白い」「かわいい」「おいしい」などの意味を持つようになってきたこの言葉は、日常会話で使われ過ぎているせいか、ちょっと工夫をしたくなった人がいたようだ。そして誕生した表現が、「やばいンデ」。すぐに意味が分からなくても、無理はない。

「ンデ」は「~なんだけど」「~なのに」「~なんだよ」などを意味する韓国語だ。単なる「やばい」では物足りない、またはいくぶん強調したいときに「やばいんだよ」として「やばいンデ」が使われ始めている。

逆に、韓国語の単語に日本語の語尾がくっついてしまうケースもある。「チンチャそれな」がそれだ。「チンチャ」は「本当・真実」を意味する韓国語で、それに日本語の「それな」が味付けとして語尾に加わった感じ。「本当にそうですね」といった意味だ。

ちなみに「それな」は「そうだよ」の言い換えで、相手の言ったことに対して深い同意を表すこともあれば、相手の話をひとまず肯定して話を終えたいときにも使われる。まだ辞書に載っていない、比較的新しい日本語だ。

いずれの表現も、日韓両方の言語をある程度理解できる若いエンターテイナーが使い始めたもの。そこから、若者たちの間で徐々に広まっている。

今まで定着した外来語は似た道のりを歩んできたのだろう。例として、英語のトラブルに由来する「トラブる」や、フランス語のサボタージュに由来する「サボる」、さらに日本語とポルトガル語が組み合わさった「雨合羽」(合羽=Capaはポルトガル語で外套の意)もある。

これらは国の政策としてロングランになったわけではなく、日本人が代々使うので、生き続けている。

短命に終わる流行語も少なくない

気になるのは、同じくトレンディーキーワードとして登場しつつも、比較的早く姿を消してしまうケースだ。

例えば、「壊れた」を意味する「サランパン」。今から約140年前に、開港されたばかりの横浜、神戸、長崎などの港で、日本人と外国商人との間で使われた。「ボート、サランパン」「馬車、サランパン」という具合に。

当時、このサランパンが通じていたという記録があり、今もなお一部の国語辞典には、「壊れた」という意味として載っている。でも、明治半ばの書物以外の記録が少ないことを見れば、比較的すぐ使われなくなったことが分かる。

近代化していくなかで、日本人は珈琲(コーヒー)や瓦斯(ガス)などを受け入れたが、このサランパンに対してはノーと言った。だから、死語の山に積まれ、一部の歴史家や言語学者にしか意識されなくなった。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

3M、通年利上げ見通し下げ 供給網の問題や商品価格

ビジネス

米大統領、4年ぶりにASEAN首脳会議に参加 中国

ビジネス

米新築住宅販売、9月は14%増の80万戸 半年ぶり

ワールド

中国主席、軍備と兵器開発の促進を呼び掛け=新華社

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中