コラム

「日本人に見えない」多様な五輪選手の顔ぶれに、日本の明るい未来が見えた

2021年08月18日(水)19時57分
石野シャハラン
東京五輪の柔道

YOHEI OSADA/AFLO SPORT

<イラン人の筆者が来日した20年前と比べて、日本は「日本人に見える日本人」だけの国ではなくなった>

東京2020オリンピック・パラリンピックの前半戦、オリンピックが閉幕した。新型コロナウイルスの感染拡大という難しい状況でもひとまず開催できたのは、ひとえに現場で働く人やボランティアの努力のおかげだろう。まだパラリンピックが控えているが、頑張った方々をまずはたたえたい。

今大会で今までになく興味深かったのは、日本の選手たちの多彩な顔触れである。皆さんは、日本オリンピック委員会(JOC)のウェブサイトの選手名簿を見ただろうか?

そこには伝統的な日本人のイメージではない、片親が外国にルーツを持つ選手、あるいは両親共に外国出身という選手たちが多く載っている。街を歩いていてもテレビを見ていても、ミックスの人や、日本語ネイティブな外国人顔を見ることが最近とみに増えてきた。それでも今大会の日本選手たちの多様さは、その比ではない。

北米やヨーロッパの国々ほどではないが、韓国や中国の選手団には見られない多様さが、日本選手たちにはある。コロナ対策のまずさで日本は先進国の地位から脱落したという論調が目立ったが、人々の多様さという点では日本はやっと先進国になりつつあるのかもしれない。

私は2002年に日本に来るまで、イランで仕事をしつつ俳優を志して自主映画や短編映画に出演していた。当時はネットが気軽なものでなく、SNSで情報が世界中でシェアされる時代ではなかった。イランでの日本のイメージは、最先端の技術がある国際的な国、その首都・東京はニューヨークのような人種のるつぼ、というものだった。

今となっては笑うしかないが、そう誤解させるくらい、約20年前の20歳のイランの若者の周りには、自動車、電化製品、映画、アニメなど日本製のものがあふれていた。

自分は日本ではまともな俳優になれない

私は大学で勉強するため日本に来たのだが、当然その国際的な国=日本で俳優を続けられると考えていた。だが私は早々に現実を知る。留学生を除けば日本人しかいないし、日本語しか通じない。テレビには日本人しか出ておらず、たまに出演する外国人は道化やトリックスターにしか見えなかった。

日本は「日本人に見える日本人」だけの国であり、つまり私は日本ではまともな俳優にはなれないということだった。その事実は大きなショックだったはずだが、若い私はそれよりも日本語をマスターし、日本で生きる道を探ることに必死だった。大好きな日本から貪欲に学び、価値観を身に付け、日本社会に溶け込もうと努力してきた。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

3M、通年利上げ見通し下げ 供給網の問題や商品価格

ビジネス

米大統領、4年ぶりにASEAN首脳会議に参加 中国

ビジネス

米新築住宅販売、9月は14%増の80万戸 半年ぶり

ワールド

中国主席、軍備と兵器開発の促進を呼び掛け=新華社

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中