コラム

上が決めたら徹底的に......日本の脱ハンコとデジタル化は強引すぎ?

2020年10月29日(木)16時30分
石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)

菅首相は就任後、脱ハンコやデジタル化の推進を政策目標の一つとして掲げた KAZUMA SEKI/ISTOCK

<漢字に憧れて日本に来た私にとって、漫画やアニメ以上に魅力的なハンコがなくなるのは残念だが、ここまで強力に推し進めないと舵を切れないのもまた日本的だ>

菅義偉首相が就任して、はや1カ月。まず国民の目を引いたのが、脱ハンコだった。河野太郎行政改革担当相が行政手続きでのハンコの使用を原則廃止するよう求め、できない場合はその理由を9月中に示すよう各省庁に伝達した、という話だ。

ハンコ(印章)の起源はメソポタミア。今でいうイラクと、私の生まれ故郷であるイランである。イランでも以前は社会的地位のある人を中心に印章が使用されていた。

私の母方の祖父は、イラン北部の町の町長だった。自分の所有する土地だけを通って町の中心部から隣町との境まで行けたというくらいの資産家だったそうだ。その祖父が最晩年、病の床に伏せて意識がなかったとき、祖父の妹が祖父の指から指輪形の印章をそっと外して偽の遺言状に印を押し、遺産の大半を手に入れたと、私の母はいまだに恨み言を言っている。

そのくらい以前はイランでもハンコの効力が大きかった。しかし現在では多くの手続きでデジタル署名が導入されており、行政手続きの多くはネット上で申請を完結できる。官公庁や教育機関などの一部で紙の書類が必要な場合はハンコを押し、その下にサインをするのが一般的である。

もともと漢字に憧れて日本に勉強に来た私にとっては、ハンコがなくなるのは残念だ。手彫りのオーダーメイドで作ってもらい、素材も書体も選べるなんて、どこまでクールなのだろう! クールジャパンを掲げて海外に売り込んでいる漫画やアニメなどポップカルチャーよりも、ハンコのほうがずっと外国人の心を捉えられるのにとさえ思う。日本のハンコは中国由来で、中国のハンコ文化が非常に豊かなことも承知しているが、それでもそう言いたいくらいだ。

しかし同時に、政府がここまで強力に推し進めないとデジタル化に舵を切れないのも、非常に日本的だと思う。日本の悪しき前例主義、官僚主義、横並び主義が露呈した形である。

私が外資系企業に勤務していたとき、ヨーロッパで開発・製造した高価な機器を日本企業に販売することになった。ヨーロッパ側からデジタル署名入りの社内見積もりが届いたが、日本では見積もりをプリントアウトし、社内で役職者に順番にハンコを押してもらい、お客様に手渡しした。

それを知ったドイツ人は、日本はまだそんなことやっているのかとあきれていた。日本のお客様にはプリントアウトとハンコが必要なんだと説明しても全く理解されなかったことが、強く印象に残っている。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

ニュース速報

ビジネス

フィリピン中銀が政策金利据え置き、インフレ加速でも

ビジネス

英PMI、9月速報は2月以来の低水準 スタグフレー

ビジネス

スイス中銀、金融緩和策を維持 国内景気に一段と慎重

ワールド

ノルウェー中銀、予想通り0.25%利上げ 12月に

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 3

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 4

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 5

    「中国版リーマン・ショック」恒大集団の経営危機が…

  • 6

    中国版リーマン・ショック、「恒大」破綻危機で世界…

  • 7

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 8

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 9

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 10

    1歳の姪にかみ付いた愛犬を安楽死させた自分が今も許…

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 7

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 8

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 9

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 7

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 8

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中