コラム

ドイツは「緑の首相」を選ぶかもしれない

2021年04月28日(水)19時00分

躍進への布石

2018年1月、ベアボックは「緑の党」の共同議長に選出された。現在までの3年半は、現実主義派と急進左派との間の内部対立に悩まされていたが、グリーン経済が主流の政策課題となった今、彼女は洗練された行儀の良い政治スタイルを特徴としている。

この穏やかなアプローチを批判する人には、緑の党の支持者で『グリーン・パワー:環境政党はどのように国を変えたいのか』(2021)の著者であるウルリッヒ・シュルテがいる。彼は、次の選挙に臨む緑の党は、かつての革命精神とは程遠く、代わりに、自分たちの生活を極端に変えることを望まない中産階級を意識した政策転換に向かっている指摘した。

takemura20210428_3.jpg

現在の緑の党にはかつての革命精神は消え、主流政党への道を歩んでいるというウルリッヒ・シュルテの著作『グリーン・パワー:環境政党はどのように国を変えたいのか』(2021)は、ドイツで今、ベストセラーとなっている。


政治学者のウォルフガング・シュローダーによると、筋金入りの環境活動家に批判されることは、逆に緑の党のイメージアップにつながるという。少なくとも、ポスト・メルケル政権に期待する中道派の有権者にとって、過激な環境保護主義は敬遠されるからだ。

ベアボックは、緑の党の理想主義的なルーツから離れ、主流に向かう党にとって最適な人物なのだ。野心的な政治家である彼女は、メルケル首相のように政治的コンセンサスを重視する傾向がある。グリーンな価値観という意味では、彼女はベジタリアンでもないし、革ジャンも着る。緑の党は実際には新しいCDUかもしれない。だから、ベアボックは次のメルケルとして期待されているのだ。

海外からの期待

国際的なコメンテーターたちは、ドイツの外交・安全保障政策にとってベアボックがどのような役割を果たすのかに期待を寄せている。ニューヨーク・タイムズ紙の最近の特集では、緑の党を「米国との強固な同盟関係」を約束する「海外での積極的な姿勢を持つ現実的な政党」と期待を寄せ、別のアナリストは、緑の党と保守的なCDUの連立により、最終的に首尾一貫した防衛政策を展開できると評価している。

確かにベアボックは、緑の党が40年前に北大西洋条約機構(NATO)に反対してきた平和主義から脱却し、NATOを「ヨーロッパの安全保障に欠かせない存在」と表明し、多国間主義とEUの強化に力を入れている。しかし、コメンテータたちの期待は性急かもしれない。緑の党が重要な役割を果たす政権は、NATOの同盟国が期待する安全保障政策とは異なるものになるかもしれないからだ。

中国とロシアへの懸念

新しい緑の党は、人権と法の支配に対してタカ派である。彼らは、権威主義的な大国に対して積極的に対抗してきた。CDUの外交委員長であるノルベルト・ロットゲンは、「緑の党は、中国とロシアに対して、すべての政党の中で最も明確な姿勢をとっている」と指摘する。

緑の党が大西洋横断的なアジェンダを支持するようになったのは、中国の覇権主義に対抗するためだった。同党は、EUが最近締結した北京との包括的投資協定に反対し、欧州の5G通信に中国のファーウェイが参加するのを阻止しようとしていた。そして、クレムリンに対してもかなり懐疑的で、CDUとSPDの両党首が支持している「ノルド・ストリーム2」と呼ぶ天然ガスのパイプライン・プロジェクトにも反対している。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

ニュース速報

ワールド

台湾は基本的価値共有するパートナー=TPP加盟申請

ビジネス

みずほへの行政処分、新たな障害発生させないようにす

ビジネス

SBIが新生銀に回答書、4項目条件にTOB期間を1

ビジネス

米グーグルが欧州委に和解提案、デジタル広告巡る調査

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 3

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 4

    中国恒大・債務危機の着地点──背景には優良小学入学…

  • 5

    カップル・セラピストが見た、関係修復に失敗する夫…

  • 6

    アマゾンやテスラが「脱炭素」産業に参入、日本企業…

  • 7

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 8

    親に依存するのは恥ずかしくない? 米国のミレニアル…

  • 9

    予想で楽しむノーベル賞、日本人受賞者を自分で考え…

  • 10

    グッチのバッグからダイソン家電まで...... 中国恒…

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 5

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 6

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 7

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 8

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 9

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 10

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 7

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 8

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 9

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中