注目のキーワード

環境問題

ニューズウィーク日本版『環境問題』に関する記事一覧

死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下構造が崩壊
水資源

死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下構造が崩壊

<死海沿岸部に、過去数十年で大小7000個のシンクホールが発生。リゾート地がゴーストタウン化した。あ...

2021.06.21
        
日本が「脱炭素」を根本から見直すべき理由 市場価格が示す世界の潮流とは
経済ニュース超解説 加谷珪一

日本が「脱炭素」を根本から見直すべき理由 市場価格が示す世界の潮流とは

<排出権取引の市場価格が急上昇している。このことが示すのは、出遅れている日本に遺された時間は少ないと...

2021.05.18
米中「環境分野で和解」は幻想か...両国が妥協できない最大の障害は?
米中関係

米中「環境分野で和解」は幻想か...両国が妥協できない最大の障害は?

<対立が深まるアメリカと中国だが、協力を望める数少ない分野の1つは環境対策。関係改善に欠かせないもの...

2021.05.11
ヒマラヤ氷河が崩壊、水力発電所破壊し大洪水 18人死亡確認・200人超不明
温暖化

ヒマラヤ氷河が崩壊、水力発電所破壊し大洪水 18人死亡確認・200人超不明

ヒマラヤ山脈に位置するインド第2の高峰ナンダデビ山付近で7日、崩落した氷河が土砂を巻き込んで渓谷に流...

2021.02.08
シロナガスクジラが密集した船舶との接触を恐れ右往左往する様子が調査された

シロナガスクジラが密集した船舶との接触を恐れ右往左往する様子が調査された

<シロナガスクジラが船と衝突し、死亡するケースも確認されてきたチリ北部のパタゴニア沖を調査したところ...

2021.02.08
        
脱炭素、実は「技術」で出遅れている日本に逆転策はあるか
経済ニュース超解説 加谷珪一

脱炭素、実は「技術」で出遅れている日本に逆転策はあるか

<菅政権は排出量実質ゼロを打ち出すが、省エネ国家でも技術先進国でもない現実を受け入れる必要がある> ...

2020.12.23
        
「COP26にもっと女性を」、エマ・ワトソンさんら訴え
for WOMAN

「COP26にもっと女性を」、エマ・ワトソンさんら訴え

<2021年スコットランドで行われるCOP26に向けて、女優のエマ・ワトソンさんや歌手のエリー・ゴー...

2020.12.18
        
地球の「最後の氷」を解かさないための闘い
for WOMAN

地球の「最後の氷」を解かさないための闘い

<北極圏の危機を追った『ラストアイス』が告げるパンデミックという警鐘と人類生き残りの道> 残された...

2020.11.10
タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に送り返す」対策で対抗
タイ

タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に送り返す」対策で対抗

<タイの環境相が、「ごみを持ち主に送り返す」という斬新なアイデアで、観光地のゴミ問題の解決に取り組ん...

2020.09.28
モーリシャス当局、座礁船「わかしお」を海に沈めて処分する作業を開始
海洋汚染

モーリシャス当局、座礁船「わかしお」を海に沈めて処分する作業を開始

モーリシャス当局は20日、座礁して重油流出事故を起こした貨物船「わかしお」の船体に穴を開けて沈没させ...

2020.08.21

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice