最新記事

イーロン・マスク

スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マスクが内部レターで警告

2021年12月6日(月)16時20分
青葉やまと

ラプターエンジンの生産ペースを引き上げられなければ...... REUTERS/Steve Nesius

<従業員向けのレターで、生産問題による破産のリスクを指摘。レターが米メディアに漏洩し、マスク氏は補足に追われた>

ニュース専門局の米CNBCは11月30日、宇宙開発ベンチャー「スペースX」のイーロン・マスクCEOが従業員に送ったレターを入手した。

レターのなかでマスク氏は、ラプターエンジンの生産ペースを引き上げられなければ、スペースXは「紛れもない破産のリスク」に晒されるだろうと述べている。同社は事業の中核として超大型ロケット「スターシップ」の開発を急いでいるが、その打ち上げの要となるラプターエンジンの生産問題に苦しんでいる。

レターは従業員に対し、生産ペースの悪化がこれまで同社が把握していたよりも「はるかに深刻」であると告げている。前任のマネジメント職の退職を受けて問題の仔細を分析した結果、報告を受けていたよりも重大な問題を抱えていたことが判明した、と氏は述べている。

メールはアメリカにおける重要な祝日である感謝祭の週末に送信された。マスク氏はレターのなかで「週末は休暇を取る予定だったし、これは私にとって久しぶりに休める週末になるはずだった。だが、週末は夜通しラプターの製造ラインにいることにした」と述べ、ひっ迫した状況を強調している。

カリフォルニアに拠点を置く技術サイト『インタレスティング・エンジニアリング』は本件を報じ、破産の可能性は現実的に排除できないとの認識を示した。

同誌は宇宙科学の専門的トピックを解説するティム・ドッド氏の見解を引用し、「スペースXの今後のプロジェクトのほとんどがスターシップに依存していることから、同社はキャッシュフローに問題を抱えることが考えられる」と述べている。

また、同誌はこの説が「ありそうにないシナリオに感じられるかもしれない」としたうえで、パンデミックにより(資金調達の)不確実性が増している現状を鑑みると、「(破産の可能性を)排除することもまたできない」と指摘している。

高出力目指すエンジン、生産問題は「災害」級

ラプターエンジンは、スペースXが独自に開発・製造するロケットエンジンだ。ケロシンなど一般的な燃料ではなく、液体メタンを燃焼させる設計を取り入れている。ケロシンよりも高い推進力を得やすく、大量のペイロードを搭載できることから経済面で有利だ。

燃焼時のすすの発生も非常に少ないため、同社ビジネスの要となるエンジンの再利用という視点でも利がある。また、スペースXは将来的に火星との往復も視野に入れており、復路の燃料となるメタンを火星で調達することも不可能ではない。こうした利点が見込まれる反面、野心的な設計が仇になり、製造は難航している。

衛星インターネット網「スターリンク」をビジネスとして軌道に乗せるうえでも、ラプターの安定した製造は急務だ。現在展開中のスターリンクV1型は、スペースXに十分な利益をもたらしていない。同社は次期V2型で帯域を増強し、さらに一度の打ち上げで最大400基を送り出すことで利幅を確保する方針だ。400基を一度に打ち上げるうえで、ロケットを現在使用しているファルコン9から超大型のスターシップに切り替えることは必須となる。

SpaceX's Starlink 2.0 - Faster Speeds, Greater Coverage and More


スターシップは2段構えとなっており、第1段ブースターの「スーパーヘビー」に29基(将来的に33基に増強)のラプター、第2段の宇宙船本体である「スターシップ」に6基のラプターを搭載する。つまり、少なくとも再利用に十分な数が出揃うまでは、1回の打ち上げを実現するたびに都合39基の製造が必要となる計算だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、17日に発射したのは戦術誘導弾 標的に命中

ワールド

ジョンソン英首相、封鎖下の官邸パーティーを事前に承

ワールド

UAE首都で燃料トラック爆発、3人死亡 フーシ派が

ビジネス

カナダ企業、人材不足や賃金圧力の強まり指摘=中銀調

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月