最新記事

中国不動産

恒大物業、株売却頓挫の舞台裏──習近平の厚意を蹴った恒大集団

2021年10月22日(金)22時57分
遠藤誉(中国問題グローバル研究所所長)
恒大本社

経営危機に陥っている恒大集団 Aly Song-REUTERS

習近平父子の大恩人と関係する不動産開発企業・合生創展集団が恒大集団傘下の恒大物業の株を買うべく契約が成立していたのに、恒大側に欲が出て、契約を破棄した。契約と破棄をめぐる舞台裏を追う。

合生創展と恒大物業との契約内容と破綻プロセス

10月14日のコラム<恒大救済企業の裏に習近平の大恩人の影が>で述べたように、「華南の五虎」と呼ばれる広東省のディベロッパーの一つである「合生創展集団」が恒大集団傘下の恒大物業の50.1%(当時は51%と言われていた)の株を購入する交渉が進んでいた。

10月20日の合生創展集団の告知によれば、10月1日に契約が締結されて10月12日から実行されることになっていたようだ。ところが契約が締結された後になってから、恒大集団側が「イチャモン」を付けてきたため、この売買契約は破綻してしまったという。

合生創展の告知に基づいて、契約内容と破綻した経緯を考察してみたい。

1.この契約書は大きく分ければ合生創展集団と恒大集団との間で交わされたものだが、具体的には合生創展側はその傘下にある物業(不動産管理運営)関係の「合生活科技集団」が購入側に当たり、恒大側は、その完全子会社であるCEG Holdingsが当たった。恒大集団はCEG Holdingsの保証人となっている。肝心の恒大物業は「目標公司」(売買対象となる会社)という位置づけだ。

2.契約では、合生創展が約200億香港ドル(正確には20,040,000,350.70香港ドル)(約2,933億円)を恒大物業に支払うことになっていた。この際、1株3.70香港ドルとして計算された。

3.恒大物業は恒大集団およびその関連会社との間で未精算の貸し借りがあるので、この経費で全て清算して、借金のない(きれいになっている)恒大物業の株を合生創展が購入することになっていた。

4.恒大物業は、200億香港ドルの中から恒大集団とその関連企業に返済した残りの金額をCEG Holdingsに渡すことになっていた。

5.ところが契約が締結されてから(10月1日を過ぎてから)、CEG Holdings(およびその保証人である恒大集団)が、合生創展は200億香港ドルを恒大物業にではなく、CEG Holdings(恒大集団)に直接支払えと言ってきた。

6.それは契約に違反しており、CEG Holdingsに支払ったのでは、果たして購入時点で恒大物業が借金のない「きれいな企業」になっているか否か保証がないので、それは契約違反であると、合生創展側は受け付けなかった。

7.しかし、 恒大側は10月12日までに恒大物業の株を合生創展に売らなかった。そこで合生創展は10月13日に恒大側に契約の履行を催促したが、恒大は同日、契約を解除もしくは中止すると返答してきた。

8.合生創展側は、契約書に則(のっと)って、違約金10億香港ドル(約148億円)を恒大側に請求した。

以上が概ねの経緯である。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、北京冬季五輪を外交ボイコット=ホワイトハウス

ワールド

印ロ、防衛協力強化で合意 通商も拡大へ

ビジネス

ユーロ圏、経済支援継続を 高インフレは一過性=IM

ビジネス

ユーロ圏インフレ率、22年に2%下回る可能性低い=

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月