最新記事

ウイグル

ウイグル弾圧を「テロ対策」と呼ぶ中国の欺瞞を、世界は糾弾せよ

China's “War on Terror"

2021年9月23日(木)09時51分
イェハン(国外亡命中のウイグル人ライター、仮名)

ただし、実際にこの名前を使って活動したグループがあるという証拠はほとんどない。1998年にアフガニスタンでタリバンに支援を求めた小さなグループがそう呼ばれていたが、2003年に創設者が死んだ後は完全に活動を停止しているようだ。

アメリカは20年11月に、ETIMの存続を裏付ける証拠がないとして、テロ組織認定リストから除外した。中国はこれに対し、パフォーマンス的に怒りをあらわにした。

ウイグル人のテロリストや過激派などいないと言いたいのではない。14年に昆明駅で起きた無差別殺傷事件が物語るように暴力的な連中もいる。当然だ。ウイグル人は1200万人以上いるのだから。

だがウイグル人のテロ組織が中国内外で計画的な襲撃を行っているかと言えば、その証拠はあったとしても薄弱だ。共産党はひげを伸ばし質素な服を着た人間をテロ組織のメンバーと決め付けるが、これは自分たちが行っている残虐行為を正当化するための見え透いた歪曲にほかならない。

ウイグル人が苦しむのは自業自得だといった暗黙の感情があることも問題だ。確かにウイグル人の襲撃で罪のない人たち(その大半は漢族)が命を失う悲劇は繰り返されてきた。こうした襲撃には当然ながらウイグル人も非難の声を上げてきた。長年テロ組織呼ばわりされてきた国外のウイグル人グループもそうだ。

怒りの暴発を招く絶望

ただ、見過ごしてはならないのは、こうした事件が起きた背景だ。中国当局は何十年もウイグル人の文化、伝統、信仰、自由、さらには命まで奪おうと弾圧を続けてきた。悲しいことに、若い世代のウイグル人は「世界とはこんなものだ」と思い込んでいる。

中国では当局の理不尽な仕打ちに市民が異議申し立てをすることは不可能だ。ましてやウイグル人は、イリハム・トフティのような平和を愛する知識人でさえ逮捕され、テロリストの汚名を着せられる。こんな状況では、やり場のない怒りに駆られ暴力に走る者も出てくる。

09年のウイグル騒乱を契機に共産党が対テロ戦争のレトリックをさらに強調するようになると、それが自己充足的予言のようにテロを招いた。

私は安全なオーストラリアにいて共産党への怒りを英文記事に込められるが、完全に希望を奪われた何百万もの同胞がいることは痛いほど知っている。不幸にも、その中には暴力行為に走る者もいる。

もちろん、罪のない市民を殺す行為は許されない。だがごく少数のウイグル人が暴力に走ったからといって、ウイグル人弾圧はテロ対策だという共産党の欺瞞的な主張をうのみにしてはならない。

共産党は長年、ダブルスタンダード(二重基準)だとして、人権侵害に対する批判に耳を貸さなかった。アメリカが罪のないイスラム教徒をグアンタナモの収容施設に入れることは許されるのに、中国がテロ対策を講じれば弾圧だと言われる、というのだ。

彼らの言い分はもっともだ。いずれも許し難い行為であり、一方だけを非難するのはおかしい。アメリカがイスラム教徒に行った拷問も、中国の偽りの「対テロ戦争」も許してはならない。中国当局によるウイグル人虐殺を「テロ対策」などと呼ばないこと。まずはそこからだ。

20211130issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月30日号(11月24日発売)は「AI戦争の時代」特集。人工知能を持つ「ターミネーター」が自ら敵を殺し始めた。PLUS ヘンリー・キッシンジャー「核より恐ろしいAI兵器」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

外国人の入国、11月30日から全世界を対象に禁止=

ワールド

英・イスラエル、イランの核兵器保有阻止へ決意 外相

ビジネス

シェル本社の英国移転計画、米助言会社ISSが支持推

ビジネス

トヨタ、10月世界販売2カ月連続前年割れ 生産は3

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 10

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月