最新記事

米中対立

もし中国を攻撃するなら事前連絡する...トランプ時代の密約が明らかに

Perilous Authority

2021年9月22日(水)18時21分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)
ミリー統合参謀本部議長

ミリー統合参謀本部議長は中国側と極秘に電話で連絡を取っていたとされる YURI GRIPASーREUTERS

<正気を失ったトランプが中国への核攻撃を命じたら......。敏腕ジャーナリストの新刊が暴いたワシントンの危機的内幕>

ワシントン・ポスト紙の現役スター記者ボブ・ウッドワードが新刊を発表するときは、いつもそうだ。今回の新作『Peril(危機)』も9月21日の発売に先駆けて、同紙が売りになるポイントを紹介した。

この本に書かれている2つのスクープのうち1つは、いま世間を騒がせているわりには重要ではないように見える。むしろ、もう1つのほうが非常に大きな問題をはらんでいそうだ。

ワシントン・ポスト記者のロバート・コスタが共著者としてクレジットされている同書で、話題になっているほうのスクープは、1月6日にドナルド・トランプ大統領(当時)の支持者が連邦議会議事堂を襲撃した後、米軍制服組のトップで統合参謀本部議長のマーク・ミリーが核兵器の発射手順を見直すため高官を招集していたというものだ。

ワシントン・ポストによれば、このときミリーは「核兵器の発射命令を行えるのは大統領だけだが、自分もその過程に関与しなくてはならない」と、高官らに伝えた。

ミリーは、自分が「シュレジンジャーの役」を引き受けていると語り、元国防長官の名前を挙げたという。1974年夏、酒に溺れて情緒不安定になっていたリチャード・ニクソン大統領が弾劾訴追される可能性が濃厚になると、国防長官だったジェームズ・シュレジンジャーは統合参謀本部議長のジョージ・ブラウンに、ホワイトハウスから「異例の指示」が出たら、まず自分に相談するよう伝えていた。

だが、1974年と2021年の出来事は全く別ものだ。シュレジンジャーと違ってミリーは、核兵器の発射を命じる大統領の権限を妨げようとしたわけではない。

誰からの命令も受けるなと指示

ミリーは国防総省の作戦指令室である国家軍事指揮センターの高官らに対し、自分が関与していない限り、誰からの命令も受けるなと指示した。CNNが新刊について報じたところでは、ミリーは高官らに「何を言われようと、この手続きに従ってほしい。私はこの手続きの一部だ」と語り掛け、一人一人の目を見て、承知したと口頭で確認させたという。

ドラマチックな話ではある。だが、それほど大きな問題とは思えない。

公式に定められた手順でも、大統領は核兵器の発射ボタンを押す前に統合参謀本部議長に相談するよう義務付けられている。ミリーは自分がその立場にあることをはっきりさせようとした。この記事の執筆時点で私は問題の新刊を入手していないが、抜粋記事から判断するとミリーは自分を指揮系統に加えろと求めたわけではなく、自分に必ず報告するよう念を押しただけだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

ワールド

アングル:対中関係で「責任」示せるか、米政権が首脳

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 5

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 9

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月