最新記事

クワッド

中国への対抗強めるオーストラリアに、米英が原子力潜水艦の技術提供

How Submarine Power of U.S., Allies and Rivals Compare

2021年9月17日(金)18時00分
ジョン・フェン
「晋級」原子力潜水艦

中国人民解放軍の「晋級」原子力潜水艦 CHINA STRINGER NETWORK -REUTERS

<周辺各国の潜水艦の保有数は? そのうち原子力潜水艦は? 中国の急速な開発計画にクアッドの対抗策はどれだけ有効か?>

アメリカは9月15日、イギリスと連携して、原子力潜水艦を初導入するオーストラリアを技術支援すると発表した。インド太平洋地域において存在感を強める中国海軍に対抗して、アメリカとその同盟国が抱く切迫感が浮き彫りになったかたちだ。

日米豪印戦略対話(クアッド)の一角を占めるオーストラリアは、同地域における集団安全保障体制に欠かせない存在だと考えられている。オーストラリア政府は今後、アメリカおよびイギリスと新たに創設する安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」の支援を受け、現行のコリンズ級潜水艦6隻に代わる原子力潜水艦を8隻導入していくことになる。

オーストラリアは、隣国ニュージーランドならびにアメリカと太平洋安全保障条約(ANZUS条約)を締結しているため、規模の面で中国人民解放軍(PLA)海軍と張り合う必要はない。アメリカ当局は、オーストラリア海軍との相互運用性が実現すれば、世界最大の軍備力と破壊力を持つ潜水艦を擁するアメリカ海軍がいっそう増強されると明言していた。

アメリカには現在、就役中の潜水艦が68隻ある。すべてが原子力を動力とし、うち19隻は最新のバージニア級攻撃型原子力潜水艦だ。北大西洋条約機構(NATO)加盟国のフランスが就役させている原子力潜水艦は10隻、イギリスは6隻だ。

日本の自衛隊には2021年3月、21隻目の潜水艦が川崎重工業から引き渡された。一方、日本と同じくアメリカの同盟国である韓国は18隻を運用している。日韓両国の潜水艦は、ディーゼルエンジンと燃料電池で推進するタイプだ。

ロシアは、ソビエト連邦時代に世界に先駆けていち早く原子力潜水艦を導入した国に数えられる。現在の保有数は58隻で、うち37隻が原子力潜水艦だ。

潜水艦の数で世界トップなのは...

意外にも、潜水艦の数で世界トップに立つのは、アメリカの冷戦における別の敵国、北朝鮮だ。72隻のディーゼルエンジン潜水艦は老朽化が進んでいるとはいえ、脅威であることに変わりはない。

しかし、ここ10年ほど米軍再編の焦点として定められてきたのは中国軍だ。来世紀にもそうした状態が続くという声すら上がっている。米国防総省が発表した2020年報告書によると、中国は潜水艦を60隻保有する。そのうちの少なくとも10隻が攻撃型原子力潜水艦で、晋(じん)級潜水艦が、現在強化されつつある海洋配備型核抑止力を形成しているという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

拘束のスーダン首相は無事、軍の行動は内戦回避が目的

ビジネス

米ケース・シラー住宅価格、8月は前月比1.2%上昇

ビジネス

米GE、通期見通し引き上げ 第3四半期利益が予想上

ビジネス

習中国主席、G20サミットで現地入りせず=関係筋

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月