最新記事

ロシア

ロシア下院選は「無風」にあらず、強まる議会の意義と若者世代の存在感

Putin’s Party Wants a Big Win

2021年9月17日(金)18時06分
ジェフ・ホーン(研究者)、シム・タック(アナリスト)
ロシア議会

与党「統一ロシア」が圧倒的多数を占める議会はプーチンの言いなりだったが(昨年3月に下院で演説するプーチン) EVGENIA NOVOZHENINAーREUTERS

<与党・統一ロシアの支持率が低迷するなかで9月17~19日に行われる下院選。過半数確保へプーチンが繰り出すアメとムチ>

9月17~19日、ロシア議会下院選挙(定数450)が実施される。議会の権限は大統領には依然及ばないものの、昨年の憲法改正後は特に経済分野で拡大した。下院議会は国民と政府の多様な層のコミュニケーションに不可欠な橋渡し役として、国民の不満や懸念を政府に伝える一方、国民に支援と寛大な援助を分配する役割も果たしている。

与党・統一ロシアは圧倒的過半数の336議席を維持しているが、支持率低下と国民の不満増大で試練に直面している。過半数割れの心配はまずなさそうだが、党内の結束とプーチン政権の正統性強化のカギを握るのは圧倒的過半数を維持できるかどうかだ。

ロシアの選挙は完全に自由公正というわけではないが、実際の投票自体の信頼性は増している。こうした信頼性向上の取り組みは、政府が国民の承認という形で信頼されたいがため、そして過去の選挙での票買収疑惑への反感に対抗したいがために生まれた。

いまだに、特に地方レベルでは何らかの選挙不正は起きるが、統一ロシアは何より、野党候補を締め出し、メディアへのアクセスを制限し、煩雑な規制を増やすなど、野党の選挙活動を制約することを重視してきた。

薄れる政治支配力の基盤

統一ロシアはロシア連邦に強力な政治支配力を持っているが、その基盤となる選挙による正統性は薄れ始めている。問題の1つは、2008年の景気後退以降、危機が相次ぎ、経済関連の公約を実現し切れていないことだ。

購買力低下と通貨安は政府が弱体化した印象を与えている。権威主義と腐敗との関連(野党の言う「泥棒政治」)のせいで、統一ロシアに対する圧力も増している。政府の支持率は低下、与党は19年の首都モスクワ市議選で議席の3分の1近くを失うなど選挙で後退している。

統一ロシアが目指すのは過半数確保だ。現在は下院の4分の3近い議席を占めており、議席減は深刻な結果を招きかねない。例えば与党は昨年、議会での圧倒的過半数を利用して(大統領の任期をリセットする条項を盛り込んだ)憲法改正案をスピード成立させたが、議席数が3分の2を下回れば、今後の憲法改正に大きな支障を来す恐れがある。

恐らくそれ以上に重要なのは、下院での議席が減れば、政党としての結束や、(政権に従順な)「体制内野党」を利用することが簡単にはいかなくなることかもしれない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国、CO2排出削減で行動計画発表 2030年まで

ワールド

軍が実権掌握のスーダン、通信寸断 市民生活に深刻な

ビジネス

ヒースロー空港、航空旅客の完全回復は2026年以降

ビジネス

日本電産、家電向け好調で上方修正 円安も追い風

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月