最新記事

韓国

韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一人負け

2021年8月19日(木)18時00分
佐々木和義

人が消えた明洞の路地 撮影:佐々木和義

<長引く新型コロナの影響で韓国の繁華街の中でも明暗が分かれている。弘大や梨泰院などは人々がわずかながら戻るなか、韓国最大の繁華街である明洞は客離れが続いている......>

新型コロナウイルス感染症の長期化で、韓国の繁華街の中でも明暗が分かれている。韓国不動産院が発表した「商業用不動産賃貸動向」による21年度第2四半期の韓国全土の中大規模店空室率は13.1%で、第1四半期と比べて0.1%増加した。全国の小規模商店空室率は6.4%、首都ソウルは6.5%で前期と変わりない。

ソウル・弘大(ホンデ)の小規模商店空室率は22.6%、梨泰院(イテウォン)は31.9%と平均を大きく上回るが前期から変化はなく、一方、第1四半期に38.3%の空室率を記録した明洞は43.3%まで上昇した。

弘大や梨泰院など、ウイズ・コロナに慣れた人々がわずかながら戻るなか、韓国最大の繁華街である明洞は客離れが続いている。

徐々に人々が戻る弘大や梨泰院

梨泰院は20年5月、大きく落ち込んだ。同月9日、梨泰院のクラブで新型コロナウイルスの集団感染が発生した。感染者や濃厚接触者が、複数の店を訪問していたことが判明すると、市民が梨泰院を避けるようになり、ゴーストタウンの様相となった。筆者は梨泰院駅を通る地下鉄を頻繁に利用するが、当時、梨泰院駅の乗降客は1人もなく、路線自体の利用者も少なくなっていた。

梨泰院は外国人が多い街である。旧日本軍の龍山基地を引き継いだ在韓米軍人の歓楽街として発展した経緯から、怖い街と考える韓国人は少なくないが、サムスンが美術館を建設し、インターパークがミュージカル劇場を建てるなど、治安に対する不安が薄れて若い女性も増えている。

各国の大使館が集中する大使館通りや韓国初のイスラム教モスクもある韓国随一の外国人街で、世界各国の料理店や雑貨店が並んでいる。新型コロナの影響で、海外に行くことが難しい今、母国の味を懐かしむ在韓外国人や本場の味を求める韓国人が少しずつ戻っている。

弘大は、若者の街として知られている。美術系大学として有名な弘益大学のキャンパスがあり、卒業生らがデザインやアイデアを発信する街として発達した。

個性的なショップやカフェが立ち並び、いまは新型コロナの影響で規制されているが、若者たちの創作活動や路上パフォーマンスが連日のように行われてきた。物価が安い街ではないが、大学を卒業してまもない20代に加えて、若者文化や新進トレンドに接したい人々が集まっている。

外国人旅行者に依存する明洞の凋落

一方、明洞の主要客は、外国人旅行者だ。多くの店が韓国語と日本語、中国語、英語の看板を設置しており、日本語話者や中国人話者を常駐させる店も多い。ソウル市が派遣する日本語、中国語、英語の通訳ガイドが街角に立ち、域内を巡回する警察官も翻訳アプリをインストールしたタブレット端末を携行する。明洞固有のアイテムは、外国人旅行者に飲食物や商品を売る屋台と足の踏み場がないほどの賑わいだ。

韓国には地方特有の名産はほとんどない。各地で名が知れ渡ったアイテムは必ずといって良いほどソウルに集まり、首都の市民権を得た後、国内各地に広がっていく。明洞は、国内各地が同じようなアイテムで溢れる韓国を凝縮した街でもある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米CB消費者信頼感、10月は予想に反し上昇 4カ月

ビジネス

EU、エネルギー価格高騰への共同対応で合意至らず

ワールド

拘束のスーダン首相は無事、軍の行動は内戦回避が目的

ビジネス

米ケース・シラー住宅価格、8月は前月比1.2%上昇

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月