最新記事

東京五輪

強権国家ベラルーシの女子陸上選手 強制帰国を拒否、保護を求める

Belarus Sprinter Says She Was Forcibly Removed From Olympics for Criticizing Coaches

2021年8月2日(月)16時26分
ナタリー・コロロッシ
ベラルーシの陸上選手クリスチナ・チマノウスカヤ

羽田で帰国を拒んだベラルーシの陸上選手クリスチナ・チマノウスカヤ OBC News-YouTube

<オリンピック競技への出場を撤回され、帰国を強制されたベラルーシ選手が羽田空港でIOCに保護を求めた。政治亡命を求めているという>

東京五輪に出場中のベラルーシの陸上女子選手クリスチナ・チマノウスカヤ(24)は7月31日、代表チームから外され、帰国のために羽田空港に強制的に連れて行かれたと訴えた。インスタグラムで陸上チームのコーチらを批判したことが原因だという。

インスタグラムに投稿した動画の中で、チマノウスカヤは国際オリンピック委員会(IOC)に、自分の意志に反して帰国させられないように助けてほしいと訴えた。


「私は圧力をかけられた。コーチ陣は私の同意なく、この国の外に無理やり連れだそうとしている。私はIOCに介入を求める」と語るチマノウスカヤの動画は、政治的見解を理由に投獄や不当な扱いをうけたスポーツ選手を支援する人権団体「ベラルーシ・スポーツ連帯基金」チャンネルでも公開された。

ベラルーシでは、アレクサンドル・ルカシェンコ大統領の強権的な体制が続いており、政府に抗議する活動に参加したスポーツ選手が投獄されたり、代表チームから外されたりしている。

チマノウスカヤは、自分のチームから外されたのは、「インスタグラムでコーチの怠慢について書いた」せいだと主張した。その後、ベラルーシの首都ミンスクに戻るフライトに搭乗するために羽田空港に連れて行かれたと、国際ニュース専門チャンネル、フランス24は報じた。


選手に無断で出場登録

チマノウスカヤがインスタグラムに動画を投稿したのは、7月30日。そのなかで、ベラルーシ陸上チームの一部の選手がドーピング検査の不備で大会出場資格がないことが分かったため、コーチらが無断で自分を予定外の1600メートルリレーに出場者として登録したと説明している。チマノウスカヤには1600メートルリレーに出場した経験はない。

「コーチたちが事前に私に状況を説明し、リレーで400メートルを走ることができるかどうかを確認してくれていたら、ここまで激しく反応することは絶対になかった。でもコーチたちは私の知らないところで、勝手にすべてを決めた。私は情報を求めたが、無視された」と、彼女は動画で明かした。

BBCによると、この動画が投稿された後、ベラルーシ国営メディアはチマノウスカヤを批判した。あるテレビ局は彼女が「チームスピリット」を欠いていると評した。

チマノウスカヤによれば、8月1日にコーチらが部屋に来て、荷造りを命じられた。そして彼女は羽田空港へ連れていかれた。同選手は2日の陸上女子200メートルと5日のリレーに出場予定だった。CNNによると、ベラルーシ当局はチマノウスカヤを東京時間1日午後10時50分発の便に搭乗させる予定だった。

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    眼がついた人工脳が作製される

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月