最新記事

人権問題

福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

2021年7月30日(金)18時02分
木村 隆志(コラムニスト、人間関係コンサルタント、テレビ解説者) *東洋経済オンラインからの転載

さらに言えば、撮られていることを知った子どもがメンタルの不調をきたすこともありうるでしょう。記者やカメラマンから一方的に顔と名前を知られ、日常の何気ない姿を監視され続けていることは大きなストレスであり、子どもが成長するにつれてそのリスクは高まっていきます。「今やネット社会のリスクは、温厚な人を怒らせるほど大きなものになっている」ということでしょう。

福山さんは、「『これから何年先も我慢して過ごしていかなければいけないのかな』と思うと、『それは違うな』と思ったんです」とも語っていました。今回の発言は、「今、怒っている」というより、未来に対する「怒りの予告」という意味合いが強いのでしょう。

ここまであげてきたことを要約すると、"現在"は直情的な怒り、"過去"は永続的な怒り、"未来"は抑止的な怒りが込められているのです。

福山さんはコメントの締めくくりに、「『ちょっともうこれ、一線どころか、ずいぶん超えたところまで来ちゃったな』と思っていて。タブー視したり、暗黙の了解で黙認しているわけでもないし、『スルーすることも違うのかな』と思っているので。『2021年の現在から未来において、変わっていく時期なのかな』と思っています」と語っていました。

子どもの撮影については、何かとメディアが主張する報道の自由や表現の自由は該当せず、むしろ肖像権の侵害。また、福山さんのコメントに賛同する人がほとんどであることから、今後はこういう写真を掲載した媒体を買わなくなる人が増えていくのではないでしょうか。

田村淳も賀来賢人も怒っていた

そもそもスキャンダルでも事件でもない普通の写真を撮り、掲載することは、「取材力のなさを自ら証明する」という意味でメディアにとって恥ずべき行為。需要もそれほどないだけにすぐにやめられるはずです。

その他にも、「取材マナーは記者個人の判断に任せる」「とりあえず撮りに行かせる」「夜討ち朝駆けは当然」「保育園や小学校などにまぎれ込ませる」などの旧態依然とした取材スタンスの編集部は少なくありません。デジタルデータの扱い以前に改善しなければいけない点が多いのです。

今回の件は福山さんだけの問題ではなく、田村淳さんは昨年9月に「家族と居るときに写真や動画を撮るのは本当に勘弁してもらいたい」。賀来賢人さんは今年5月に「盗撮するのは100万歩譲って許します。しかし、もし次、私の子どもを盗撮した記事を例えモザイクをつけたとしても、載せた場合、私は本当に怒ります」とコメントしていました。

週刊誌の多くは大手出版社が発行していることもあってコンプライアンスが問われていますし、もはや「芸能人なら当たり前」「こちらも商売なので」という言い分は通用しないでしょう。

木村 隆志(きむら たかし)

コラムニスト、人間関係コンサルタント、テレビ解説者
テレビ、ドラマ、タレントを専門テーマに、メディア出演やコラム執筆を重ねるほか、取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーとしても活動。さらに、独自のコミュニケーション理論をベースにした人間関係コンサルタントとして、1万人超の対人相談に乗っている。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』(TAC出版)など。


※当記事は「東洋経済オンライン」からの転載記事です。元記事はこちら
toyokeizai_logo200.jpg




今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏、感染再拡大やオミクロン株に備え=ECB総

ワールド

ロシア外交官27人追放される、来年1月に出国へ=駐

ビジネス

中国ピンドゥオドゥオ、第3四半期売上予想下回る 研

ワールド

カナダでもオミクロン株確認、アフリカ渡航の2人から

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 10

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月