最新記事

ワクチン

ショーン・ペン、撮影現場でコロナワクチン義務化を要求「そうでないなら出演拒否」

2021年7月26日(月)16時58分
猿渡由紀

ワクチン必須を検討する職場・学校

主演俳優という、現場で最もパワーをもつ人物がこのような要求をしたのは初めてで、画期的なことだ。彼の立場だからこそできることでもある。このニュースを受けて、ソーシャルメディアや業界サイトのコメント欄には、大量のコメントが寄せられた。

その多くは、「ショーン・ペン、さすが」「賛成です」「これぞリーダー」「彼にノーベル平和賞をあげよう」など、彼を絶賛するものだ。中には「ショーン・ペンのことはそんなに好きじゃなかったが、これで尊敬した」というものや、ソーシャルディスタンスを守らないクルーに怒鳴ったトム・クルーズを引き合いに出して「トム・クルーズが『ミッション:インポッシブル』のセットでやったことをショーン・ペンがやっている」というものもある。「こういう人がもっと必要」「ほかの人もこれくらい勇気があれば良いのに」と、ほかにも行動を促すコメントも見られた。

もちろん、少数派ながら、「彼をクビにしろ」「最低。もう彼のことは絶対に支持しない」「こういう事柄をひとりの人が他人に強制するなんてありえない。キャストとクルーは抗議して辞めるべき」といった批判もある。反対する人も確実にいるということだ。また、そもそも、NBCユニバーサルがそこまで勇気を持った行動に出るのかという疑問も残る。先にも述べたように、現状、各組合との間で決まっているのは、「ゾーンA」にいる人たちだけについてなのだ。

とは言え、不可能とは言えない。アメリカでは、職場によってワクチン必須を検討するところが少しずつ出てきているのである。カリフォルニア大学は、新学期から、通学する全生徒にワクチンを義務化し、未接種の人はオンライン講義しか受けられないと決めた。保守が強いテキサス州ですら、ワクチン接種を義務化した病院を相手に一部の従業員が訴訟したところ、判事に棄却されている。さらに、アメリカ時間23日には、ESPNが、ワクチンを拒否したためにNFLのミネソタ・バイキングスのコーチが職を失ったと報道した。

「接種は個人の自由」いう言葉はよく聞かれるが、それは圧倒的に保守の考え方。対してリベラルは「接種はコミュニティに生きる者としての義務」と考える。それは調査でも明らかにされた違いだ。リベラルなハリウッドは、それらしい姿勢を取っても良いのではないか。それが業界というコミュニティのためになるのではないか。恐れを知らないショーン・ペンの大胆な行動は、そんな大きな問いかけをするものなのだ。

Sean Penn Refuses to Work on Watergate Series 'Gaslit' Until Cast & Crew Get Vaccinated I THR News

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、ロシアの戦争犯罪の証拠収集・分析へ 説明責任を

ワールド

北朝鮮の金氏、コロナ対応「未熟」と批判 新たに23

ワールド

米粉ミルク不足問題、下院歳出委員長がFDAに緊急予

ビジネス

米、ロシアのドル建て債支払い阻止を検討=当局者

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカから見た『はじめてのおつかい』

  • 4

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄る…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13歳少女を、今度は警官が強姦

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄る…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月