最新記事

ディズニー

ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのはなぜ? いつから?

Disney’s Defanged Villains

2021年6月18日(金)17時42分
ジェシー・ハッセンジャー(カルチャー・ライター)
『アナと雪の女王』のサンドアート

Yves Herman-REUTERS

<一見フェミニズム寄りな『マレフィセント』に『クルエラ』だが、憎々しい悪役(ヴィラン)排除の裏にはブランド戦略が透ける>

クルエラは最高に怖い女、顔を見りゃ寒けがする──。

そう挿入歌にあるとおり、アニメ映画『101匹わんちゃん』のクルエラ・ド・ビルは子犬を殺し、その毛皮でコートを仕立てる希代の悪役だ。

とはいえ「最高に怖い」はちょっと言い過ぎだし、彼女の過去を描いた実写映画『クルエラ』の中で歌われると、まるで説得力がない。

5月に公開された実写版のクルエラ(エマ・ストーン)は、ファッションデザイナー志望の若い娘。肝心の悪事はといえば仲間とすりを働き、犬を誘拐し、母の形見のネックレスを現在の持ち主から奪い返すといった程度だ。品行方正ではないものの凶悪とは言い難い。

歴史に残るワルという意味において、最近のディズニー映画に登場するヴィラン(悪役)はアニメ版クルエラの足元にも及ばない。そもそも悪役の数が少ない。

悪役不足が始まったのは『アナと雪の女王』からだろう。当初は邪悪な女王の設定だったエルサは、苦悩を抱えたはみ出し者として多面的に造型された。

「純真な主人公を脅かす性悪な魔女」

『モアナと伝説の海』のラスボスは命の女神テ・フィティの怒りと悲しみの化身であり、その腹立ちにはもっともな理由がある。『ラーヤと龍の王国』のヒロインは大地を荒らし人を石に変える魔物と戦うが、本当の敵は人々の結束を阻む分断と不信だ。

こうしたアニメは、もはやハッピーエンドのロマンスに重きを置かない。潔いほど冷酷な敵役──『白雪姫』の女王やクルエラ──が悪の魅力を放つのに対して、主人公は清く正しく平凡で、たいていが金髪というディズニーアニメのお約束も覆している。

さらにディズニーは大物悪役を主役に据えて、実写映画を作り始めた。「純真な主人公を脅かす性悪な魔女」という女性蔑視的なステレオタイプを排し、『眠れる森の美女』の魔女マレフィセントやクルエラに自分自身のストーリーを語る場を与えた。

人の善悪は生まれで決まるものではなく、容姿とも無関係だというメッセージを子供たちに発信しているのだから、理屈の上ではポジティブな変化だ。

だがこうしたストーリーがお家芸になると、正統派悪役の排除もしたたかなマーケティング戦略に見えてくる。フィギュアやグッズを売って儲けるのに、子供が怖がるようなキャラクターでは逆効果。クルエラもマレフィセントも相当な破壊力の持ち主だが、誕生秘話ではそうした力が弱められている。

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ

ビジネス

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 10

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月