最新記事

ウイルス起源

「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型コロナの始祖ウイルスを「発見」!

Exclusive: How Amateur Sleuths Broke the Wuhan Lab Story

2021年6月4日(金)21時25分
ローワン・ジェイコブソン

それは言ってみれば「オープンソースの自由参加型ブレインストーミング」であり、ネット調査と市民ジャーナリズムの要素が合体した、全く新しい調査方法である。彼らは自分たちをDRASTIC(Decentralized Radical Autonomous Search Team Investing COVID-19=新型コロナウイルス感染症に関する分散型の急進的な匿名の調査チームの頭文字を取った略称だ)と名乗る。

DRASTICの調査結果は長い間、ツイッター上のオタク世界の片隅に埋もれ、少数のフォロワーにしか知られていなかった。探偵たちはたびたび捜査の袋小路にぶつかったし、時には彼らの解釈に異を唱える科学者たちと論争になった。それらの数々のツイートは、ツイッターの「ファイヤーホース」サービスを介して、1つのまとまったニュースの流れを形づくった。

調査の質はしだいに向上し、事実究明に向けたその執念がより幅広いフォロワーを引きつけ、科学者やジャーナリストもその内容に注目するようになった。

DRASTICのおかげで、今ではいくつかの重要な事柄が分かっている。

どう見ても疑うしかない新事実

まず、武漢の研究所が長年、コウモリのいる洞窟で何種類ものコロナウイルスを収集してきたこと。その多くは2012年にSARS(重症急性呼吸器症候群)のような症状を起こして3人の鉱山労働者が死亡した銅鉱山で見つかったもので、新型コロナと最も近縁なウイルスもそこに含まれるとみられている。

また、武漢の研究所はこれらのウイルスを使ってさまざまな実験を行なっていたが、安全管理はお粗末で、曝露や流出の危険性があったことも明らかになった。研究所も中国政府もこうした活動を外部に知られないよう、ひた隠しにしていたのだ。

さらに、新型コロナの発生源とされた武漢の華南海鮮市場で最初の集団感染が起きるよりも何週間も前に、既に感染者が発生していたことも分かった。

これらのいずれも、研究所流出説を裏付ける決定的な証拠とは言えない。研究所が発生源ではない可能性も十分にある。しかしDRASTICが集めた証拠は、検察官の言う「相当な理由」にはなる。つまり、研究所から出た可能性を疑い、本格的な捜査を行うに足る理由がある、ということだ。

ニュース速報

ワールド

中国、70%以上がコロナワクチン接種完了 12歳以

ビジネス

中国、民間経済の健全な発展に揺るぎない支援=副首相

ビジネス

中国のエネルギー消費抑制、目標未達地域を厳しく処分

ビジネス

新生銀が17日にTOBへの対応協議、SBIの説明「

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 2

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合っていた

  • 3

    フルタイムでもワーキングプア......非正規公務員の7割が年収200万円未満

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 6

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 7

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 8

    中国で使用済み核燃料のガラス固化スタート、原発大…

  • 9

    国際宇宙ステーション、ロシア区画から火災報 万一…

  • 10

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこの世界から踏み出す時がきた

  • 4

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 5

    中国系スーパーヒーローが活躍するマーベル新作映画…

  • 6

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 7

    【動画】「ぞっとする」「ショック」──火が付いたよ…

  • 8

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 9

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 10

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    <閲覧注意>命懸けで離陸する米軍機に取り付き、落…

  • 5

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 6

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 7

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 8

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 9

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 10

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月